現実世界のデータを使用して食料危機と戦う人口シミュレーションモデリング

問題

食料安全保障は、栄養不良による健康被害だけでなく、持続可能な経済開発、環境、貿易にも関連する複雑な問題です。 世帯全員が十分な食物を得るかどうか、家庭内でどう配分されるか、その食物が世帯のすべてのメンバーの栄養ニーズを満たすかどうかなどの問題は、発展途上国で未だに続く問題です。 国際民間機関は、発展途上国における食料不安を分析し、経済が食料危機の予防を可能にするシステム開発に、大手コンサルティング会社を採用しました。

解決策

コンサルタント会社はAnyLogicを選択し、世帯経済分析(HEA)を活用する人口シミュレーションを構築し、それをシステムダイナミクスおよびエージェントベースのモデリングフレームワークに配置することにより、発展途上国の食料危機の影響を調査しました。 人口シミュレーションモデルを使用することで、コンサルティング会社は、さまざまな戦略を採用して、食料危機の人的影響を軽減または排除する方法を検討することができました。

世帯経済分析では、検討中のエリアを生計ゾーン(Livelihood Zones / LZs)に分割します。LZsは、同じ社会経済的地位の人々がほぼ同じ生活水準で生計を立てている地域と定義されています(例:小さな土地保有農業、遊牧民の牧畜など)。人口はその後、ウェルスバンド(Wealth Bands / WBs)と呼ばれる社会経済レベルに分割されます(例:非常に貧しい、貧しい、中程度、良い)。既存人口の過去のデータと、パートナー企業が実施したフィールドワークを使用することで、コンサルタントは、各WBsの典型的な世帯の入出金と食料を表すシステムダイナミクスの人口シミュレーションモデルを構築しました。

次に、これらの典型的な世帯をエージェントとして人口シミュレーションモデルを作成し、各ウェルスバンドの人々の相対的な割合を実際のデータと一致させました。エージェントは、作物生産について毎年決定を下しました(LZsとWBsに作物栽培が含まれていた場合)。さらに、各エージェントは個別レベルのリスク許容度を持ち、そのリスク許容度の状況で今後の食料危機の深刻さに応じて、事前に定義した対処行動に関与するか、又はしませんでした。

人口シミュレーションモデル—食料安全保障リスクインデックス

人口シミュレーションモデル—食料安全保障リスクインデックス

結果

コンサルタント会社は、種々雑多な人口のシミュレーションモデルを完成しました。それは人口レベルに応じた、より現実的な方法で潜在的な将来の食糧不安をシミュレーションします。この結果、国際的な市民機関は、各ウェルスバンドに食物および現金援助を提供する能力を獲得しました。

この研究は、食糧危機を回避するため、最終的に政府機関によって利用される様々な支援分配方法の調査を可能にしました。

同様のケーススタディ

その他のケーススタディ