なぜシミュレーションモデリングを使用するの?

シミュレーションモデリングは、現実の世界の問題をコンピュータ上で、安全かつ効率的に分析します。様々な問題をモデル化し、検証及び理解することで、複雑なシステムをより良く理解し貴重な解決策案を導き出すことができます。

シミュレーションモデリングは、システムをデジタルで表現した実験と言えます。 建物の設計等の物理モデリングとは異なり、シミュレーションモデリングはコンピュータベースであり、アルゴリズムと方程式を基に作成され、モデルは動的に表現することができ、さらに2Dまたは3D表示を見ながら様々な実験が可能です。

今日のビジネス現場ではコンピュータシミュレーションを利用し、事前に様々な実験を行い、解決策を検討することが大変重要です。実世界で実験を行うのは、コストや時間を考えると実用的ではありません。

シミュレーションモデルの実行は、Excel等を利用した分析モデルなどと異なり、シミュレーションモデルと対話する形でモデルを操作することで、システムの理解を深め、解決策を迅速に構築できます。

効率的な顧客サービスのためのシミュレーションモデリング

この具体的な例は、企業が十分に活用していない資源として、技術者や設備のコストを下げることを目的とするモデルを取り上げます。本モデルは一般的な他のリソース管理に適用できます。

銀行を訪れた顧客に予め定義したサービス品質を提供するために必要な最適なスタッフ数の特定

銀行の場合、サービスのレベルは平均待ち行列の長さとして定義しました。次に、モデルのパラメータとして、顧客到着の回数と頻度、窓口での顧客対応時間、変動(特に昼食時の混雑及び複雑な要求等)を設定します。

その後、部門の構成とプロセスに対応したフローチャートが作成されます。モデルは、分析する問題に影響する要因のみを考慮する必要があります。たとえば、企業アカウントや信用部門のオフィスサービスは、物理的にも機能的にも窓口サービスとは分離されているため、個人向けのサービスでは無視します。

Flowchart

最後に、モデルデータを入力した後、シミュレーションを実行し、その動作を時間の変化とともに観察し、問題点を把握し、結果に対する改良案を基にさらに分析を継続し最良の解決策を導出します。キューの平均サイズが指定された制限を超えた場合、利用可能なスタッフの数が増え、更に新しい実験を行い、最適解が見つかるまで自動的に繰り返されます。

Data
Results

複数のシナリオは、動作中に検査され、照会され、互いに比較されます。したがって、分析者、エンジニア、および管理者にとって、その結果は信頼性に足りるものとなります。



無償版を試す