シミュレーションソフトウェアで倉庫レイアウトの最適化を実行

シミュレーションソフトウェアで倉庫レイアウトの最適化を実行

問題

Delovye Linii(DL)社は、ロシア最大の航空会社の一つです。 同社は全国に180サイトを持ち、1,500箇所の市町村へ出荷手配しています。 合計で約54万平方メートルの倉庫スペースを使用していますが、現在も拡大し続けています。 顧客の拠点拡大と貨物交通量の増加により、企業の物流プロセスの効率を高める必要性が生じたため、 経営陣が下記の2つの主要タスクを提示しました:

倉庫スペースと運用の最適化は、初めに会社最大の流通センターで実施されました。

サンクトペテルブルクの流通センター

サンクトペテルブルクの大規模な倉庫は、アップグレードされる最初の場所で、倉庫全体の効率を向上させるには、貨物の受け取りプロセスを高めることが重要であり、倉庫レイアウトの最適化が問題を解決すると想定されていました。 倉庫業務を中断することなく、さまざまなシナリオの分析に、シミュレーションモデリングが採用されました。管理者は、サイバー空間での実験は、実際の倉庫での実験よりもはるかに安価で迅速に実施できると認識していました。

倉庫の2つのモデルは、AnyLogicシミュレーションソフトウェアで設計されました。 最初のモデルは現在の構造を反映しており、エンジニアはシミュレーションの精度と入力データを検証できました。 2つ目のモデルは、可能性のある倉庫のレイアウトを表示し、 エンジニアは、倉庫の配置を変更し、最適な倉庫レイアウトオプションが見つかるまで実験を行いました。 実験の結果を考慮して、彼らは荷降ろしゲートの近くに梱包エリアを移動する提案をしました。このような倉庫レイアウトの最適化により、DL社は無駄なプロセスを削減でき、物品の取り扱い費用が10%削減されました。

梱包エリアを移動する前の倉庫モデル 梱包エリアを移動した後の倉庫モデル

ノボシビルスクの流通センター

ノボシビルスクにある流通センターはDL社の別の大きな倉庫群で、2万の平方メートルの広さがあります。長距離輸送は、倉庫からの迅速なディスパッチを妨害し、そこに働くスタッフに過度の負担を負わしていました。ディスパッチ及び倉庫作業効率を増加させるために倉庫の品物の保管方法を再編成することはとても重要でした。

AnyLogic倉庫シミュレーションモデル

運用サポートサービスは、いくつかの適切な構成オプションを提供しました。これらの仮説をテストするために、シミュレーションモデリングが適用されました。 すべての倉庫の構成オプションのモデルは、AnyLogicシミュレーションソフトウェアを使用して開発されました。これらのモデルは、スタッフの生産性やゲートの使用などのパラメーターを含む倉庫業務を完全に反映していました。

その結果、最適な倉庫レイアウトが選択され、貨物スロットは可能な限り過負荷ゲートの近くに再配分されました。新しい倉庫配置では、運用速度と商品ローテーションの両方が増加しました。 また、積み荷作業の最適化にも役立ち、生産性が10%向上しました。

結果

シミュレーションモデリングの実装により、DL社はサンクトペテルブルクとノボシビルスクの流通センターの効率を向上できました。 いくつかの成功したプロジェクトを実行した後、同社は既存の倉庫に加えて新しい倉庫をモデル化するために、AnyLogicシミュレーションソフトウェアの実装を開始しました。現在、倉庫を設計するために、エンジニアはいくつかの配置オプションと指定された技術プロセスを使用してシミュレーションモデルを作成しています。 このモデルにより、商品の処理やエリア、セル、リソースの負荷等、計画された倉庫のすべての運用面を考慮することができます。次に、各オプションの指標を計算し、それらを比較して最適な倉庫レイアウトを選択し、技術プロセスの調整スキームを改善します。

倉庫シミュレーションモデルの運用スキーム 倉庫シミュレーションモデルの表示

DL社がAnyLogicシミュレーションソフトウェアを使用するのは、倉庫物流だけではありません。同社は、財務計画とビジネスプロセス管理にシミュレーションモデリングを使用することを決意しています。

同様のケーススタディ

その他のケーススタディ