公共交通スケジューリングのための交通計画シミュレーション

公共交通スケジューリングのための交通計画シミュレーション

問題

ロシアのCIS地域では、旅客鉄道の交通が非常に特異的な地域です。郊外の鉄道は、その不採算性のために廃止されます。これは、乗客だけでなく、地域の社会的および経済的状況にも悪影響を与える可能性があります。

ロシア中央連邦管区当局は、鉄道路線の削減問題に直面しました。彼らは、悪影響を減らすために、鉄道路線の廃止と同時に代替バス路線を立ち上げることを決めました。

地区当局は、代替ルートの計画と、経済的効果についてフォーカスグループのコンサルタントに任せました。コンサルタントは、輸送シミュレーションを使用して新しいルートをテストし、その有効性を評価することにしました。シミュレーションにより、さまざまな輸送ルートの分析、その動作の観察、財務効率の評価がデジタル空間で可能となります。

このような理由で、コンサルタントは、下記に関する意思決定支援ツールとして機能する輸送最適化モデルを開発しました。

解決策

輸送最適化モデル:メインビュー

輸送最適化モデル:メインビュー(クリックして拡大)

シミュレーションソフトウェア市場を分析したコンサルタントは、輸送および物流モデルの構築にAnyLogicを選んだ理由は次の通りです:

エージェントベースのシミュレーションアプローチにより、コンサルタントは電車、バス、駅、バス停などの典型的なモデルオブジェクトの動作をそれぞれ規定し、それらの間の相互作用のルールを設定することができました。さらに、駅やバス停等のオブジェクトの場所は、Excelシートを使用してモデル内の地図上に表示され、モデル構築を迅速にすることができます。また、実際の鉄道および道路ルートに関する情報は、GISマップより自動的にロードされます。

輸送シミュレーションと最適化モデルインターフェイス
輸送シミュレーションと最適化モデルインターフェイス
(クリックして拡大)
交通シミュレーションと最適化モデル:駅とバス停
交通シミュレーションと最適化モデル:駅とバス停
(クリックして拡大)

モデルのセットアップ時に、コンサルタントは財務指標を考慮して、さまざまなトランスポートネットワークをテストしました。それにより、どの代替ルートが採算が取れず、どのルートが費用対効果が高いかを把握することができました。

結果

交通最適化プロジェクトの結果、6つの代替バス路線が作成されました。経済分析は、これらのルートのうち4つの路線が商業的に実行不可能であることを示しました。この情報により、新しいルートの立ち上げに関する情報に基づいた決定を下すことができます。

このモデルは、輸送システム分析用のカスタマイズされたスタンドアロンの意思決定支援アプリケーションとして顧客に引き渡されました。トラフィックフローなどの入力データを調整し、代替ルートをテストして、その有効性を既存のシステムと比較できます。このアプリケーションは、他の地域の輸送ルートのスケジューリング用に再構成することもできます。

プロジェクトのモデルの簡易バージョンは次の通り:

同様のケーススタディ

その他のケーススタディ