シミュレーションソフトウェアを使用したワクチンメーカーのサプライチェーンプランニング

シミュレーションソフトウェアを使用したワクチンメーカーのサプライチェーンプランニング

チャレンジ

GlaxoSmithKline社(GSK)は、2014年において世界で6番目に大きな製薬会社でした。同社は、以前とは異なる流通ネットワークを必要とする新しい市場で新しいワクチンを発売していました。そのため、同社は新サプライチェーンを設計し、製造プロセスをそれに合わせて調整する必要がありました。

全世界で使用されるため、ワクチンのサプライチェーンはとても複雑なシステムであり、製造工場、倉庫を含む大量の資源を使用します。

様々な構成コンポーネントが使用されるため、生産と流通は「バルク」製品から始まります。その後、注射器とガラス瓶のような多くのコンテナーを管理し、「充満する」ステップに移ります。製品は、最終パッケージング(地域法の異なる特定の必要条件を満たす必要あり)に移ります。さらに、GSKの場合では、まとまった量の流通向けワクチンを生産し、販売することができるため、それはサプライチェーン立案をさらに困難にしました。

製造業のサプライチェーン最適化

モデル内のプロセスロジック

特に大きな問題は、特定の有効期限がある大量の構成コンポーネントを品質管理に基づいて扱う方法および商用規則でした。さらに、GSKは、SAPを含む企業のトランザクションシステムを使用して、さまざまな在庫管理ポリシーを実装しました。とりわけ、彼らのサプライチェーンは、大量の特定設定とバランスの問題に直面していました。

これらの特別な特性が、GSKがワクチンサプライチェーン設計の意思決定支援ツールとして動的シミュレーションを選択した理由です。フェアダイナミクスコンサルティングは、企業向けにサプライチェーンのシミュレーションモデルを開発しました。

解決策

フェアダイナミクスが設計したモデルは、GSKの製造および流通部分を含むGSKのサプライチェーン全体をシミュレートしました。

製造においては、離散イベントモデリング手法に基づいており、ワクチン製造に関係するビジネスプロセスをシミュレートしました。これらには、相互に介入できる3つのレベルのプロセスが含まれていました。

モデルでは、会社が実装したさまざまなポリシーと生産上の制約を考慮する必要がありました。たとえば、このモデルでは、工場内のオペレーターのシフト、経験に応じた操作時間、および生産スケジュールに影響するさまざまなソーシングポリシーが含まれていました。


サプライチェーンシミュレーションモデルの統計

モデル統計

モデルの製造の分野は、米国市場のサプライチェーン、製造部への注文、および商品の受け取りをシミュレートする流通の分野と統合されました。

このモデルのサプライチェーンは、実際のサプライチェーン設計を反映しており、ヨーロッパの主要な流通センターから補充された倉庫、卸売業者(製品販売業者)、および何百ものクライアントが含まれています。 クライアントは卸売業者に商品を注文しましたが、商品のデリケートな性質と仲介者の参加による遅延を避けるために、GSKの倉庫から直接供給されました。

考慮される重要な指標の1つは、製品の配達時価が24時間以内のため、高いサービスレベルを維持することでした。

このモデルは、サプライチェーンの定常状態と、混乱や緊急事態の両方の状況をシミュレートして、「what-if」シナリオがサプライチェーンのパフォーマンスにどのように影響するかを確認できました。

結果

このモデルにより、GlaxoSmithKline社はコストとサービスレベルの観点から最適なワクチンサプライチェーン設計を決定できました。

このモデルは、サプライチェーンプランナーのための運用上の意思決定支援ツールの一部としても機能しました。このツールにより、彼らは次週/次月の最適な生産/流通ポリシーを決定することができました。

このプロジェクトの独自性は、1つのシミュレーションモデルで製造プロセスと流通プロセスを組み合わせたことでした。これは、AnyLogicで利用可能なマルチメソッドモデリング技術により可能になりました。このアプローチにより、GSKはシミュレーションの精度を高めることができるため、より正確な予測とより収益性の高い意思決定が可能になります。

同様のケーススタディ

その他のケーススタディ