シミュレーションソフトウェアによる輸送の最適化–ロングビーチ港B桟橋の鉄道サポート

シミュレーションソフトウェアによる輸送の最適化–ロングビーチ港B桟橋の鉄道サポート

問題

カリフォルニア州ロングビーチ港は、ピアBヤード鉄道施設に最大10億ドルを投資する計画でした。TranSystems社は、輸送およびサプライチェーンの分野で25年以上の経験があり、港と連携してシステム要件を定量化し、キャパシティの目標を達成し、利害関係者のコンセンサスを獲得しました。

提案は、既存のピアBレール施設を再構成、拡張、および強化して、発展をサポートし、港湾の出荷ターミナルでのドックレールにより効率的な環境を提供することでした。ドックレールを介した鉄道貨物の移動は、コンテナを長距離の目的地に移動するための最も効率的な方法です。予想されるキャパシティ要件をサポートするには、ドックのターミナルトラックを利用して、その地域の大気汚染を改善することが重要です。

港の鉄道システムのモデリングは、必要とする変更を利害関係者に示すために必要でしたが、ツールとアプローチがシステムを適切にキャプチャしなかったため、以前のモデリングの試みは失敗に終わりました。 成功するには、ポートレールシステムの実際の課題を反映し、新鉄道施設が運用を改善し、必要なキャパシティを提供する方法を示すことにかかっていました。

システムの現在のダイナミクスをキャプチャする必要性に加えて、エンジニアリングチームが作成した多くの設計コンセプトをフィルタリングする必要がありました。

これらの要件を満たすために、TranSystems社は次の機能のためにAnyLogicを選択しました。

システムレベルのアニメーション。

システムレベルのアニメーション。

解決策

モデリングをサポートするために、TranSystems社はロングビーチ港のすべての海洋ターミナルと鉄道オペレーターを訪問し、インタビューを実施しました。 さらに、彼らは、港と地域の両方で業務を見直しました。 その結果、彼らは必要な課題を理解しました。 これらの課題は次のとおりです。

モデルを開発する際、多段階のアプローチが取られました。

ステップ1: 迅速かつ制約のないシステムを使用して、プロジェクトの目標に基づいて施設のサイズを決定する主要な代替案のスクリーニング

ステップ2: キャパシティを実現するために必要な運用ルールとトレードオフを決定するために制約された概念レイアウト

ステップ3: 港の利害関係者に視覚的に説明する

最後に、現実の世界に忠実であるために、複数の施設とオペレーターによるシステムレベルの分析が行われました。 これにより、すべての施設が確実に連携して機能します。

AnyLogicは、さまざまなシステムと変数を1つのモデルに統合するのに理想的でした。 適切なモデリングアプローチ(エージェントベース、離散イベント、システムダイナミクス)を各要素に使用し、システムにシームレスに統合できます。

成功の尺度:操作上の持続可能性

成功の尺度:操作上の持続可能性

ポートシステムのモデリングを支援するカスタムレールおよび流体ライブラリが利用可能です。 TranSystems社は、ソフトウェアの柔軟性を利用して独自のカスタムライブラリを作成し、モデリングプロセスをさらに容易にしました。

結果

レール・システムの成功の基準はその運用上の持続性でした。これは不安定な発展を回避し、システムがコンテナーを運び移転させる能力をテストすることを要求しました。

結果は、プロジェクトが前進することを可能にしました。異なる増強案および容積ゴールの成功が実証された後、関係者は必要な設計を承認しました。

さらに、プロジェクトが環境レビュー段階に入ったため、モデルは大気汚染レポートのために再展開されました。


同様のケーススタディ

その他のケーススタディ