産科病棟シミュレーション

産科病棟シミュレーション

問題:

このモデルは、建設中の病院の産科病棟をシミュレートします。既存の病棟から新病棟へ建て替えに伴い、新設の産科病棟に現在の職員を配属します。

モデルの目的は、新設病棟に必要とされるさまざまなリソース、キャパシティーおよび業務に関連する問題をサポートすることです。問題の一つは、母と子が退院まで同室で過ごす「母子同一部屋」を選択するか、現在のように、出産前のケア、分娩および産後ケアの専用部屋方式が望ましいかどうかです。

プロジェクトはスウェーデン ストックホルムのカロリンスカ大学病院で実施されました。

ソリューション:

病棟のシミュレーション

現在の病棟モデル

この問題を解決するために業務を簡略化し、リソース、プロセス、患者などの手順をモデル化する、ディスクリート・イベント・モデルが最適な方法論になります。さらに、二つの選択肢を比較し、これらのシナリオ/選択肢を実行するのに適しています。この方法は、同じ要求において、ピンポイントでパフォーマンスに違いを正確に示すことが可能です。モデリングでは、妊婦の「複製」は2つの異なるプロセスに同時に登場させることができます。

このプロセス・モデルは物理的なリソースにフォーカスします。ユーザーは多くのパラメーターでシナリオを実験することができます。パラメーターは年間需要、現在の病棟および新設病棟の様々なカテゴリーの部屋数、患者のカテゴリーや特徴(出産、出産後のケアなどの最小値、最大値および平均時間等)、ケア形式の割合/確率および優先順位(複数のリソース・タイプは、同じ治療法のために使用することができる)が含まれています。

病院モデル

予定の病棟モデル

人的リソースに含まれるスタッフ・スケジュール、人員カテゴリー、スキル・レベル及び計画戦略などは本来必要ですが、モデルの目的が物理的な資源と投資に焦点をあて、プロセスをサポートするのであれば、人的リソースは不要になります。したがって、モデルは、常に十分な人員がいると前提としています。

結果:

このモデルの主な目的は、ワークショップ形式で議論や結論を促し、サポートすることで、シミュレーションは、より良い洞察力を与えます。明らかに懐疑的な当初から、モデルは、将来のシナリオは実際の実現のために、彼らがどのような準備を開始する必要があるかを予測することが出来ます。

運用管理や医療経営工学のファンダメンタルズはビジュアルなシミュレーションモデルの助けを借りて、理解する方がはるかに容易であることが分ります。このようなファンダメンタルズの例は次のとおりです:

シミュレーションの出力は結果ウィンドウにまとめられ、指標は、数値とグラフで表示され、各シミュレートされたシナリオの利点や欠点の評価を可能にしました。

同様のケーススタディ

その他のケーススタディ