AnyLogicで港の停泊所キャパシティーをシミュレート

AnyLogicで港の停泊所キャパシティーをシミュレート

概要

港湾局は以下の問題に直面しています:

重要な問題は:港をアップグレードせずに、どの程度の製品を追加で輸出できるか。

モデリング・アプローチ

エヴァンス&ペックは、一つの停泊所の港湾作業を計画するために、ディスクリート・イベント・シミュレーション・アプローチを利用しました。

開発されたモデルリング・ツールの主な利点は以下の通りです:

同様のモデルは、次のものに用いることができます:

port_berth_capacity_simulation.gif

Model developed and published by Evans & Peck Australia.

同様のケーススタディ

その他のケーススタディ