AnyLogicシステムダイナミックモデリングによる自転車シェアリングシステムのシミュレーション

AnyLogicシステムダイナミックモデリングによる自転車シェアリングシステムのシミュレーション

序文

自転車シェアリングシステムは交通渋滞を緩和し、騒音や大気汚染を減らすことができ、都市計画の規模で焦点を当てられています。このような自転車シェアリングシステムはすでに世界中で広く普及しており、利用は大変容易です。顧客は自転車ステーションで、自転車を借り、同じ自転車ステーションまたは別の自転車ステーションに返却することができます。これらのシステムは一般に行政によって推進されており、請負業者、輸送業者、および公共機関によって運営されています。

問題

メキシコの大都市ではかなり出遅れていますが、そのようなシステムが存在します。そのため、この調査はメキシコで5番目に大きい都市であるLeón, Guanajuatoで行われました。各エリアでシステムを使用する人々の数を把握するために都市を23のマクロのエリアに分割した後に、開発者は、各マクロのエリアでモデルをテストしました。危険の傾向のある3つのゾーンが主として除外されました。

モデリングは、各エリアの特異性を定義するだけでなく、自転車シェアリングシステムを使用中の人々の行動を定義するのにも役立ちました。この研究は、モンテレー工科大学と高等教育(ITESM)の支援を受けて実施されました。

解決策

歩行者交通シミュレーションモデル

このプロジェクトは、システムの動的なアプローチを使用して設計しました。最初のステップでは、開発者は動的シミュレーションモデルを使用して、理想的な自転車の数を評価および決定し、使用率の高いレベルのステーションを特定しました。自治体の委員会が2030年までに220kmの自転車道を建設することを目標としていたため、入力パラメーターを計画する際に自転車インフラストラクチャを改善するための政府の計画が使用されました。 開発者は、自転車シェアリングシステムの環境への影響を測定する要因を決定した後、動的システムを使用してそのサイズを決定し、その弱点、容量、および関連コストを定義しました。モデルの入力パラメーターは次のとおりです。

社会プロセスシミュレーションモデル

初期のパラメーター設定は、最も混雑する駅にとって特に重要で、自転車や駐車場用のスロットが不足すると、自転車シェアリングシステムのロイヤリティにマイナスの影響を与えます。固定パラメーターには、1日16時間稼働、移動時間、および平均速度(15 km / h)等がありました。 3つのシナリオは、予想される需要、高い需要、低い需要でテストされました。AnyLogicのシミュレーションツールはグラフィカルなアニメーションやマルチメソッドモデリングで、モデルに高い柔軟性を提供しました。

成果

モデルを使用した実験は次の通り

次に、学生が多い町であるレオン北部の二か所が、システムの実装に選択されます。

Karla M. Perez(ITESM)によるプロジェクトプレゼンテーシ

同様のケーススタディ

その他のケーススタディ