Gojiiを使用したベストな在庫ポリシィの選択

Gojiiを使用したベストな在庫ポリシィの選択

問題点:

製品在庫とWIP(仕掛品)は収益のための重要な情報源です。棚卸資産とWIPは、リスクにさらされた大型投資を意味します。これらの投資は、直接費用、収益への影響、およびビジネスの成長の形でP&Lへ波及します。供給ライン投資(毎月または四半期ごとの運用上の決定)は、P&Lに関する結果を生み出します。この管理決定をサポートすることを目指したポリシィ・ツールがほとんどないので、この重要な決定は当面の問題に限ったプロセスを通じて典型的に取り組まれます。

既存のサプライ・チェーンとS&OP(Sales and Operations Planning:販売および操業計画)ツール・セットは、選択された「予測」にマッチした供給量を管理するのに有効に利用できます。しかしながら、将来の需要を一つのフォーキャストで表すことはできません。既存のツールは、ビジネスに最良の結果を選ぶようには設計されていません。S&OPシステムを使用すると、フォーキャストのインプットと需要シグナルの間にギャップがあります。

ソリューション:

Gojiiは、S&OPシステムを駆動するために、最善の需要シグナルを選択する関係者に役立つシナリオ・ベース・プランニング・ツールでツールギャップをなくします。Gojiiは、在庫品を識別することで作動し、悪影響を防ぎながら、ビジネスチャンスを活用するために製品ラインのポリシィを構築します。

AnyLogicシミュレーションおよびモデリング・ソフトウェアを使用するシステム・シミュレーション・モデルはGojiiツールの中枢です。モデルは、多くの構造と在庫管理ダイナミックスを取り込んだ供給量物理学に関する情報を搭載しています。DecisioTech社はすべてのプロジェクトにAnyLogicシミュレーションの“マルチメソッド”機能を使用します。Gojiiシミュレーションは、ディスクリート・イベント、システム・ダイナミクス、エージェント・ベースおよび少量のJavaコードを使用します。AnyLogicシミュレーションは、これらのメソッドをシームレスに使用することができ、モデラーが問題の解決を自由な環境でできることを意味します。ライル・ヴァリス氏(DecisioTech社 社長)は説明します。

サプライ・チェーンにおけるGojiiシステムの位置づけ

サプライ・チェーンにおけるGojiiシステムの位置づけ

AnyLogicで駆動するGojiiを使用し、DecisioTech社は、市場でのサプライ・システムの相互作用をモデル化します。Gojiiはコストカーブ計算の一部として市場フィードバックをキャプチャーし、特定の戦略を選択するために利害関係者が意思決定に使用するためのリスク報酬トレード・オフ・ビジュアル化します。

サプライ・チェーン意志決定サポートツール

意志決定支援システム動作の仕組み

結果:

AnyLogicソフトウェアを搭載したGojiiツールは、市場シナリオ一連の入力および代替供給量ポリシィオプション(相場、荷積みの経路、安全在庫など)を含むコストカーブを計算します。あらゆるシナリオのシミュレーションは実施され、物資フロー、シミュレートされたキャッシュ・フロー、時系列データなどをキャプチャーします。それらの結果は、企業が最大価値を得る方法をより簡単に視覚化してくれます。

ソフトウェアをインストールしなくても、ブラウザでクラウドベースのGojiiを使用することができます。最終的に、Gojiiは、共同で市場シナリオ・データを探索し分析するため、異なる意見を持つ様々な関係者を見込んで実施できます。

AnyLogicコンファレンス2013 ライル・ヴァリス氏のプレゼンテーションでのGojii詳細はこちら:

同様のケーススタディ

その他のケーススタディ