モスクワVolokolamskaya輸送ハブにおける交通フローの研究

モスクワVolokolamskaya輸送ハブにおける交通フローの研究

問題

モスクワ地下鉄駅があり、交通の要所であるVolokolamskayaは町の北西部に位置しており、そのエリアの主要道路は、近隣の地区およびモスクワ地域の郊外につながります。ITSコンサルティングは、2025年までの時間枠内の交通量の増加を予測し、ピークの時間帯(朝と夕方)における想定されたプランにおける道路網の効率をテストする仕事を請け負いました。

解決策

道路交通調査段階

同社は、さまざまなサイズの自動車や移動ロジック、信号、交差点、主要道路、信号のない交差点、信号のない横断歩道、および搭乗/路線バス停留所等の公共および民間輸送を含む道路交通シミュレーションモデルを構築することを決定しました。モデリングに際して、コンサルタントは、AnyLogic Road Trafficライブラリを使用しました。シミュレーションモデルを使用して、2025年までの期間で、道路ネットワーク開発に必要な様々なシナリオをテストしました。

モデリングプロセスには、3つのステージが含まれています。

ユーザーは、次のようなパラメーターを編集および調整することにより、対話モードでモデルを操作できます。

渋滞エリア

渋滞エリア

結果

ステージ1では、モデルは交通量の多いエリアを示しました。露見した2つのボトルネックの一つは、信号の前にあり、待ち行列の長さは65台と80台でした。ステージ2の実行モデルは、トラフィックの増加のため、混雑しているエリアの状況が悪化することを明らかにしました。交通の流れは、セクション1で65から80台、セクション2で80から140台に増加します。

シミュレーションモデリングの結果に基づいて、道路システムのパフォーマンスを改善するためのいくつかの手段をお客様に提案しました。両方のセクションで、コンサルタントは信号の最適化を提供し、レーンと仕切りを追加しました。さらに、セクション2で駐車場の入り口の再設計を提案しました。

ステージ3では、再建計画と予測交通フローを反映する新しいモデルが構築されました。実行中のモデルは、道路システムの容量が2025年に2倍以上増加することを示しました。セクション1では、待ち行列の長さは1車線で25台であり、セクション2では、この列は1車線で20台です。

道路交通シミュレーションモデルにより、クライアントはネットワーク再構築プロジェクトを正式に承認することができました。

同様のケーススタディ

その他のケーススタディ