rail-ready.png

鉄道ライブラリ

鉄道ライブラリは、操車場や鉄道運行の複雑さや規模を効率的にモデル化し、シミュレートし、視覚化することができます。操車場、大型プラントの操車場、鉄道駅、鉄道の修理施設、地下鉄駅、空港シャトル列車、さらには市電ネットワークもモデル化できます。また、運用計画、車両管理、列車とメンテナンス計画にも役立ちます。

鉄道モデルでは、列車フローはフローチャートで設定された論理に従って動きますが、鉄道車両や機関車はそれぞれ独自の状態や性質を持つエージェントとして定義されます。これは、他のライブラリとの相互運用で、複雑な鉄道システムのより詳細なシミュレーションを可能にします。

鉄道ライブラリは、鉄道物流オペレーションをシミュレートするためのツールキットです。鉄道モデルは、鉄道ネットワークの計画または再設計、既存ネットワークのパラメータ解析、リソースの割当て等に利用できます。

鉄道シミュレーションモデルの適用は次のとおり:

  • 操車場、駅、および保守施設を含む鉄道のキャパシティとスループットの評価
  • 鉄道車両の構造とサイズの最適化
  • メンテナンス計画
  • モデルの各鉄道車両または機関車は、それぞれの状態と特性を持つエージェントであり、その動作ロジックはフローチャートで設定します。鉄道トポロジーは、スペースマークアップ図形で指定します。これは、AnyLogicグラフィカルエディタを使用して手動で作成、あるいはデータベースからアップロードすることも可能です。
  • 列車がルートに沿って移動するように、ライブラリはルートの自動計算と切り替えの設定が可能です。したがって、起こりうる衝突を検出して処理することができます。
  • ライブラリは、鉄道車両の整理、連結、切り離しなどを管理するためのツールキットが備わっています。
  • 歩行者ライブラリと道路ライブラリと共に鉄道モデルを拡張することで、駅、地下鉄駅、市電ネットワークを正確に表示します。
  • AnyLogicには、機関車、貨物車、旅客車両等の既製の3Dオブジェクトが多数含まれています。