ビジネスプロセスを改善するためのシミュレーションモデルの自動生成

ビジネスプロセスを改善するためのシミュレーションモデルの自動生成

問題

シミュレーションは一般のビジネスマンにとって困難な場合があり、多くの場合、モデル作成にはトレーニングが必要になるため、AIG はこのプロセスをより簡単にすることを目指しました。彼らは、モデル開発のスキルを持たない人でも離散イベント シミュレーション を利用して優れたモデルを構築できるようにすべきだと判断しました。

ソリューション

AIG は、Process Wind Tunnel (PWT) と呼ばれる方法論を開発しました。これは、データ駆動型のアプローチを使用してビジネス プロセスを改善するシステムです。離散イベント シミュレーションは、この重要なコンポーネントです。

Process Wind Tunnelには、現在の状態の分析、将来の状態設計、およびプロセス自動化の継続的な改善が含まれます。


 AIGが作成したProcess Wind Tunnel

AIG が作成したProcess Wind Tunnel (クリックして拡大)


現状分析には、プロセス マイニングと呼ばれる重要な要素が含まれています。これは、ビジネス プロセスによって生成されたイベント ログを調べます。この履歴データを統計的に分析して、ビジネス プロセスに関する洞察を得ることができます。

このプロセスのベースラインができたら、それを改善する必要があります。これは、将来の状態設計で行うことができます。ここでは、Java プログラミング機能を介して他のツールと統合する機能など、多くの強力な機能を備えているAnyLogic シミュレーションが使用し、データ駆動型離散シミュレーション モデルを構築しています。AIG はモデルを構築し、シナリオ分析を行い、新しい設計オプションを検討し、最適化または改善された設計を考え出します。

プロセスの自動化では、システムをエンドツーエンドで分析して、対象を絞った自動化または完全な自動化の領域を特定します。また、さまざまなシステムから非常に多くのデータを収集するため、デジタル ツイン にも注目しています。

この環境で離散イベント シミュレーションを構築するには、ビジネス プロセス ドメインの専門家と高度なスキルを持つシミュレーションおよび分析の専門家とのパートナーシップが必要です。前者は履歴データを収集し、後者はこの情報を使用して AnyLogic でモデルを構築します。モデルが構築されると、モデラーやビジネス ドメインの専門家は、シミュレーション モデルを利用してシナリオ分析と最適化を実行できます。


ビジネス プロセス モデル

ビジネス プロセス モデル(クリックして拡大)


シミュレーション モデル作成には、大量の情報収集が必要です。提供された解決策は、時間がかかる情報収集のプロセスを分離することでした。代わりに、関連するビジネス プロセスに依存する定義済みのモデル テンプレートを使用できます。このテンプレートには、ビジネスパーソンが理解できる情報が含まれている必要があります。

以下に、Excel スプレッドシートで作成されたテンプレートの例を示します。これは、特定のビジネス アプリケーション用に開発およびカスタマイズされた後に提供されるものです。離散イベント シミュレーションまたはモデル開発の経験がほとんど、または全くないビジネスマンでも、情報を入力できます。その情報から、離散イベント シミュレーション モデルが自動的に生成されます。異なるビジネス プロセスに応じて、モデル テンプレートは異なる場合があります。


 Excel スプレッドシートで作成されたサンプル テンプレート

Excel スプレッドシートで作成されたサンプル テンプレート (クリックして拡大)


このテンプレートが作成されると、モデラーはさまざまな方法でシミュレーション モデルを構築できます。最初の方法は、組み込みの Java 関数を使用して、AnyLogic 環境内でシミュレーション モデルをプログラムで構築することです。AIG が選択した 2 つ目の方法は、AnyLogic 環境の外部で Java で記述されたソフトウェア モジュールを使用し、それらを AnyLogic にインポートして、AnyLogic の機能でさらに分析を行うことです。

そのため、ビジネス担当者は、理解しやすいモデリング情報を含む Excel スプレッドシートのみを扱うようになり、それ以降は、それをシミュレーション モデルに変換するプロセスが自動的に行われます。


 Java アプリケーションは、Java クラスをインスタンス化し、Excel テンプレートを読み取り、AnyLogic シミュレーション モデルを自動的に作成します

Java アプリケーションは、Java クラスをインスタンス化し、Excel テンプレートを読み取り、AnyLogic シミュレーション モデルを自動的に作成します


結果

ここで説明する方法を使用すると、特定のプロセスのインスタンスが複数ある場合でも、モデルを何度も構築する必要はありません。ビジネス情報から実際のモデリングまで、モデルの完全なスケーラビリティを有効にすることができます。その結果、高度な AnyLogic モデラーではなくても、ビジネスパーソン自身でモデルを開発することができます。

このケーススタディは、AnyLogic 2021 Conference で AIG Investments のSudhendu Rai によって発表されました。

スライドは PDFでご覧いただけます。



同様のケーススタディ

その他のケーススタディ

各業界のケーススタディが記載されたパンフレットを入手(英語)

ダウンロード