車両基地のキャパシティー・モデリング

車両基地のキャパシティー・モデリング

問題点

Aurizon社は700台を超える機関車と16,000を超える貨車の 管理している、オーストラリア最大の鉄道運営会社で、石炭、 鉄鉱石、鉱物の輸送に幅広く従事しています。鉱山から港ま で輸出用の石炭を運搬する、世界最大の鉄道輸送会社で す。Aurizon社は、効率を考え、車両基地のうち1箇所を他の 町に移転し、主に貨車と鉄道のメンテナンスや、配車に従事 させようと考えました。

Aurizon社は、エヴァンス&ペック・コンサルティング・カンパニーに以下の条件を提示しました:

解決策

Rail yard 2D

コンサルタントは車両基地内の車両準備、鉄道メンテナンス、貨 物車メンテナンス、列車の信頼度検査、貨物車の荷積み、鉄道 の収容および運行などのオペレーションをシミュレートするのに AnyLogicのレール・ヤード・ライブラリーを使用しました。コンポー ネントが再使用でき、かつ他のモデルへの接続や、組込めるよ うに、モジュールとしてモデルを構築しなければなりませんでし た。

モデルの試験内容:

複雑なモデルを少ないJavaコーディングで構築できる、最適なデモンストレーションです。

結果

Rail Yard 3D

モデルを使用した内容:

  1. 車両基地内に線路増設の必要性
  2. 基地周辺のオペレーションを基地内に移動できるか?
  3. 列車基本プランの中でオペレーションを変更した場合の影響
  4. 基地内の活動をより効率的にするには?

エヴァンス&ペック・コンサルティング・カンパニーは、モデル がより大きなネットワークモデルに組込むことができるよう に開発しました。

Watch Martin van Holten from Evans & Peck presenting this project in detail at The AnyLogic Conference 2012 or download his presentation:

同様のケーススタディ

その他のケーススタディ