船舶産業における生産計画

船舶産業における生産計画

イタリアは歴史的に、世界に誇るヨットやスーパーヨットを生産す る国として知られています。多数の有名なブランドを市場に浸 透させるために、原価管理とライトサイジングは製品とプロセス・ イノベーションと同様に重要です。豪華ヨットの製造工程は複 雑であり、また完成品と技量の質は落とすことができません。 ヨットの製造工程は膨大な時間および労働力を必要とし、多く の生産タスク、非常に熟練した手仕事が必要です。

製造プロセスの複雑さは、60フィート以上あるヨットの移動が容 易ではない点から、何隻ものヨットを工場に配置できるか、そし て限られた空間の船体内の作業には人数限界があるため、ど れだけの作業員が作業できるか、といったスペースによって制 限されます。 最も有力なイタリアメーカーは、計画プロセスをより簡単にする 新しく聡明なアプローチを必要としました。フェア ダイナミックス 社とDSEコンサルティング社は、シミュレーション支援計画のため の新しいツールを開発しました。

問題点

目的は実際の生産計画者に非常に豊富な立案情報を与える ことでした。ツールのコンセプトは意思決定の支援でした。それ は、担当者が容易に考えを洗練することができ、工場へそれ を導入する前に計画の多数の部分をシミュレーションで実現 可能性をテストすることができることを意味します。

解決策

AnyLogic独自のハイブリッドアプローチを使用して開発された ソリューションは、シミュレーションベースの決定支援ツールで す。ディスクリート・イベント・モデリングは物理的なレイアウトと製 造工程をモデル化するために使用し、エージェント・ベース・モ デリングは生産計画の複雑さと適応可能な"日々"の意思決 定をモデル化するために使用されました。 このツールは、3段階の総合計画プロセスの一環として自動処 理(Agent Basedの意思決定による)およびヒューマン・ガイド・ プランニングにより、ソリューションを簡単にシミュレートできま す。

  1. 自動処理、自由なスケジューリング
  2. ヒューマン・ガイド・プランニング。パラメータの調節、マスタープラン、代替計画の審査
  3. ステージ2から得た最新データを使用した生産計画の適応性の試験

効率的なAnyLogic Javaのおかげで、シミュレーション・プロセ ス全体は、わずか数秒でシミュレートできました!

Yacht Production Simulation

結果

同様のケーススタディ

その他のケーススタディ