AnyLogicによる多目的港湾計画

AnyLogicによる多目的港湾計画

概要

多目的港湾施設の設計段階で、モデル製作者は提案したシステムが要求された処理能力に適合することを保証しなければなりません。

問題は、リソース制約、メンテナンス、天候による遅れ、トラック輸送及び出荷等考慮するために複雑です。

重要な決断とは: 提案されたオペレーティング・パラメーターは、必要な処理能力に適合しているか。また、どのような追加のリソースがボトルネックを最適化するために必要か。

モデリング・アプローチ

エヴァンス&ペックは、交通、倉庫、船への積み込み計画を策定するためにディスクリート・イベント・シミュレーション・モデルリング・アプローチを利用しました。

モデリングツールの利用による利点:

multi purpose harbour

Model developed and published by Evans & Peck Australia.

同様のケーススタディ

その他のケーススタディ