シェレメーチエヴォ国際空港での歩行者シミュレーションと道路交通モデリング

シェレメーチエヴォ国際空港での歩行者シミュレーションと道路交通モデリング

シェレメーチエヴォ空港はロシア最大の空港であり、年間乗客数は4,000万人です。空港のインフラは常に拡大しています。旅客ターミナルBは2018年に完成し、2020年と2023年には建設中のターミナルC1とC2と統合されます。また、駅前広場の駐車場を拡張する計画が進行中です。これらの変更により、空港の収容能力が向上し、2024年までに年間5,200万人の旅客数を達することが期待されています。

空港ターミナルB,C1及びC2の最適化シミュレーションモデル

問題

改善効率を評価し、設計した空港施設での交通量が問題なく流れるかどうかを見きわめるため、空港管理者は、交通システム開発研究所(IDTS)のコンサルタントに3種類の人流シミュレーションモデルの開発を依頼しました。

コンサルタントチームは、次のタスクを担当

解決策

IDTSコンサルタントは、接続された3つの空港ターミナルと1つの鉄道ターミナルのシミュレーションモデルを開発しました。モデル内の乗客は、車、バス、タクシー及び鉄道などのさまざまな種類の交通手段を利用しました。乗客のさまざまな特性は次の通りです:

空港セキュリティスクリーニングシミュレーション

空港セキュリティスクリーニングシミュレーション

モデル開発者は、各チェックポイントでの乗客サービスのプロセスも詳細にシミュレートしました。


結果

video

空港シミュレーションモデリングにより、設計担当者は次のことが分かりました。

このプロジェクトの基礎として、コンサルティングチームは空港計画および最適化ツールキットを開発しました。これは、空港シミュレーション用のカスタムAnyLogicライブラリであり、ユーザーは短時間であらゆる複雑な空港プロセスの設計および最適化ができます。

空港ターミナル広場での交通フローシミュレーション

問題

旅客ターミナルBの試験運用に先立ち、空港管理者は、空港ターミナル広場にある交通機関(自家用車、タクシー及びバス等)のどれをしようするのが最も効率的であるかを決定し、それらに対処するために選択されたオプションごとのボトルネックを予測しました。

これを行うために、IDTSのコンサルティングチームは、AnyLogicのRoad Traffic Libraryを使用しました。これにより、空港ターミナル広場を既存の道路ネットワークにシミュレーションモデル上で統合し、実運用に入る前にターミナル周辺の道路のスループットを評価することができました。

解決策

video

コンサルタントは3つの道路交通シミュレーションモデルを開発し、交通渋滞と様々な道路区間と速度の観点から評価しました。道路交通立案の効果は次のパラメーターで評価されました:

車の挙動に応じて、駅前広場に入る車両の色が変わります。

色の表示は、コンサルタントが空港ターミナル広場の交通渋滞の原因を特定するのに役立ちました。様々なケースは次のとおり:

AnyLogicの道路交通シミュレーション

また、コンサルタントはストレステストを実行して、モデルのボトルネックを特定しました。AnyLogicで作成したモデルを交通渋滞シミュレータとして使用することで、車の混雑度合いを密度マップで表現でき、下記の変数を変更することで、交通密度レベルの変化を実験可能です。

結果

モデル実験から得られた結果により、顧客は空港ターミナル広場での交通計画の最適な計画を選択することができ、これは後に建設プロジェクトに反映することができます。

空港シミュレーションモデル

同様のケーススタディ

その他のケーススタディ