ソチ2014年冬季オリンピックおける地下鉄駅の乗客移動シミュレーション

ソチ2014年冬季オリンピックおける地下鉄駅の乗客移動シミュレーション

Adler - Alpika Service railwayは、ロシアでソチ2014冬季オリンピック大会の主なプロジェクトのうちの1つです。スポーツ選手や観光客が、競技場や滞在ホテルの交通手段としてこの地下鉄を利用します。地下鉄の交通処理能力は、推定毎時最大8,500人の乗客で、列車の運行間隔は6~8分と見込まれます。

NIIASは鉄道輸送および施設管理を専門とする科学学術団体で、鉄道の自動制御および最新のIT技術分野で50年以上活動し続けています。NIIASはAdler - Alpika Service railwayの駅の設計に携わりました。

交通機関プロジェクトの一部として、5駅のモデルがAnyLogicソフトウェアでシミュレーションされました。AnyLogicの歩行者モデリング・ライブラリーは、列車の運行間隔を決定し、かつ駅の交通処理能力を最適にする解決策を見つけ出すサポートをしました。モデルの結果は、予想される歩行者の増大に伴い、乗客の通行速度が落ちないよう、オリンピックが終わった後に改札口を追加設置すべきと示しました。

Railway station Sochi.jpg

乗客フロー・シミュレーションが最大のリアリズムに達するように、エージェント・ベース・モデリング手法が利用されました。シミュレーション・モデリング手法は、乗客それぞれの動きを考慮に入れることができる唯一の手法です。また、ディスクリート・イベント・モデリングも、列車運行をシミュレートする目的で使用されました。NIIASの専門家は、AnyLogicの利点は、すべてのシミュレーション手法のサポートし、歩行者および列車運行モデリングのライブラリが含まれてることと述べました。

これらのシミュレーション結果を使用して、新しく発見された要因および制限を考慮に入れ、NIIASの専門家はプロジェクトに取り組み続けております。NIIAS専門家Alexander Ignatenkovは、シミュレーション・モデリングが新しい鉄道/駅立案で常に使用されていると述べました。それは、高速列車到着の前に、乗客向けに到着告知時間を計算したり、計画中の高速鉄道Moscow-Smolenskaya-Usovo線の橋上での列車交通をシミュレートするためにも使用されました。

同様のケーススタディ

その他のケーススタディ