ディスクリートイベント・シミュレーションモデリングを使用した病院の外来受診患者フロー改善

ディスクリートイベント・シミュレーションモデリングを使用した病院の外来受診患者フロー改善

問題

インディアナ大学Health Arnett病院は、救急病院および多数の受診科目がある外来患者用の病院ですが、最近予定した日時に来院しない人々の数が約30%まで劇的に上昇しました。これは、主としてクリニック・スケジュールが医療スタッフ個々の予定に依存しており、スケジュールを組み立てる際のバリエーションが増えたためです。その問題をなくすために、病院は、この外来受診施設、医者および患者に役立つ、予定最適化の方法論を開発することにしました。テキサスA&M大学は、医者のスケジュールを最適化し、かつ不参加患者の数を減少させるための予測スケジューリングシステムの作成を求められました。それに加え下記も目指しました。

解決策

予約スケジューリングの課題に対処するために、モデル開発者はAnyLogicソフトウェアのディスクリートイベントシミュレーションモデルを使用して開発しました。モデルは、患者の予約プロセスと、再診をシミュレートしました。モデル内の患者フローをより適切に表すために、次の5つのグループに分けられました。

優先度の高い患者は保険にかかっており、低い患者は保険がありません。

外来病院での患者フローの改善–スケジューリングシミュレーションモデル

モデルの画面は、各患者の治療時間(初診患者は再診するよりも予約時間が長いと想定)および季節的な要因に応じて、患者がどのように混雑するかを表示しました。入力画面で、次のパラメーターを入力できます。

ユーザーは、これらのパラメーターを変更して、医師の勤務時間や患者の待ち時間の最適化を繰り返し確認できます。ディスクリートイベントモデルは、次の一連の操作を示しました。

AnyLogicソフトウェアで作成された患者フロー分析用のディスクリートイベントシミュレーションモデル

出力画面には、シミュレーション実行の患者フローシミュレーションモデルの結果とパフォーマンス測定値が表示されます。なお、含まれるデータは次の通りです:

このモデルは、医師が勤務スケジュールについてさまざまなシナリオをテストするのにも役立ちました。患者フローのシミュレーションモデルでスケジュールを調整し、使用率と残業がどのように変化するかを確認できます。

外来病院での患者フローの改善–患者フローのシミュレーションモデルの結果

AnyLogicで患者フローシミュレーションモデルを作成する理由は?

開発者は、いくつかの理由でAnyLogicを選択しました。まず、AnyLogicソフトウェアを使用すると、利用率、外来患者の診療時間、待機時間などの個別のイベントメトリックを簡単に取得できます。また、エージェントベースのシステムダイナミックアプローチを使用して、主に個別のイベントモデルを拡張できます。さらに、ユーザーフレンドリーで魅力的なインターフェイスを作成することで、他のユーザーはトレーニングなしに患者フローシミュレーションモデルで各種パラメーターを変更して実験できます。

成果

AnyLogic患者フローシミュレーションモデルは、外来診療所の運用効率と患者満足度を向上させるさまざまな方法を提供しました。モデルは、特別なスキルを必要とせず、以下を含む詳細な出力統計を提供します。

取得したデータにより、ユーザーはスケジュールが病院の作業プロセスにどのように影響するかを確認でき、外来での患者フローを改善し、より適切なスタッフ管理ポリシーを選択できます。

AnyLogicは、病院のワークフローを、事前にテストする方法を提示し、様々な予測を行いました。さらに、必要に応じてディスクリートイベントモデルを拡張し、同様の設定を持つ他の外来病院で患者フロー改善システムを設計できます。

同様のケーススタディ

その他のケーススタディ