エージェントベースのモデリングを使用した電力会社の相互支援の最適化

エージェントベースのモデリングを使用した電力会社の相互支援の最適化

問題

自然災害や人災の影響を受けたとき、電力会社は、できるだけ早く人的リソースを供給し、停電時間を短縮する為の方法を探す必要がありました。カナダのある企業は、企業間の相互支援で、より良いリソースの調整を行うために、近隣の請負企業と提携しました。これにより、災害が発生し、地元の電力会社に十分なリソースがない場合、近くにある地域の別の会社が支援に来ることができる体制を整えることになりました。支援を要求する側の企業は、すぐに支援できる企業を見つける必要がありますが、費用と距離を考慮に入れると、支援する側の企業は実現の可能性に疑問を抱く可能性があります。

ヨーク大学のエンジニアは、シミュレーションモデリングを使用して、請負企業作業員の相互支援のプロセスを管理するためのより良い意思決定ツールを提供しました。

ソリューション

輸送システムのシミュレーションモデル

意思決定に役立つ基準を特定するために、業界の専門家にインタビューし、13の基準が選ばれ、3つのカテゴリにグループ化されました。

基準には数値と重みが割り当てられ、特定の状況におけるパラメーターの重要性が示されました。

エージェントベースのシミュレーションモデルは、さまざまな相互作用シナリオをテストするために使用されました。ユーザーはモデルのインターフェースでエージェントとして、要求側および応答側企業を設定して、GISスペース上に配置しました。また、各基準に重みと値を設定することもできました。

緊急事態シミュレーションモデリング 自然災害シミュレーションモデル

電力会社を表すこの状態遷移図は、応答する会社が要求する会社から電話を受けたときの意思決定プロセスを示しています。 ヘルプを提供できるかどうかを判断するために、モデルのアルゴリズムは、事前設定値と基準の重みに基づいてスコアを計算します。

意思決定シミュレーションモデル

支援が決定すると、対応会社は緊急事態が発生した場所に出動します。移動中、作業員は複数の緊急出動先に分散する場合があります。次の出力を確認できます。

意思決定シミュレーションツール 緊急時応答シミュレーション

結果

AnyLogicで開発された相互支援計画ツールを使用することで、さまざまな実験をサイバー空間上で実行し、意思決定プロセスのミスを回避し、相互支援プロセスを最適化することができました。GIS機能により、ユーザーは請負企業の出動員のルーティングを視覚化し、必要に応じて彼らを別の場所に転送する等の実験ができます。

同様のケーススタディ

その他のケーススタディ