イタリア銀行  バックオフィスシステム モデリング

イタリア銀行 バックオフィスシステム モデリング

イタリア銀行(BANCA D'ITALIA)は毎年一定量の銀行口座振替 を処理します。振替は自動的に処理することができず、銀行の バック・オフィスの2つの部署に依頼することになります。銀行 は、2つの部署の合併が有益かどうか判断が必要でした。

問題点

フロント・オフィスでの取引業務に関して、バック・オフィスでは、 チェック、決済業務があります。2つの部署(ユニット)が、国内の 銀行口座振替の業務に携わっていました。ユニットの従業員は 午前7:30から午後7:00のシフト勤務をしています。各部門には3 つのカテゴリー(アシスタント、パートナーおよび役員)の職員が いて、それぞれ異なる業務を行なっています。

ユニットAの役員が署名することで、ユニットBのITシステム内へ の決済の登録送信を認可し、ユニットBが作業を始め、ユニットA のアシスタントは、ユニットBのアシスタントの作業を完了できず、 ユニットAがそれぞれ個別のプロセス作業を終えた時だけ、ユ ニットBはそのオペレーションを始めます。したがって、2つのユニットの作業単位は異なり、順次処理されます。国内の銀行口座振替プロセス以外にも多くの業務があるなかで、就業時間(午後5:30)内ですべての決済を行なわなければならない最も重要な部署です。もし就業時間を超過すれば、顧客から違約金の支払請求をされるでしょう。そのため、両ユニットにとって最優先に取組むべきプロセスでした。

Bank back office processes simulation

フェア・ダイナミクス・コンサルティング社によるシミュレーション・モ デリング・プロジェクトの目標は:

解決策

コンサルタントは、AnyLogicマルチメソッド・シミュレーション・ソフトウェアを使用して、結果を保証するためにエージェント・ベース・モデリングとディスクリート・イベント・モデリングを使用して二つのモデルを作成して結果を比較したところ、同様な結果を得ました。このようなシステムは、伝統的にディスクリート・イベント・モデルでシミュレートされますが、今回の場合では、エージェント・ベース・モデルを使用したほうがより早く構築できました。

実施された試験:

現在の状況と2ユニットの合併後のシナリオの効率は、グラフ で比較できます。グラフは両方のシナリオでそれぞれ何が起こるか例証します。現在のシナリオでは、従業員が不在の場合、時間内にすべての決済を処理することができず、2つの部署を合併する利点は、従業員の不在のシミュレーションで明白に証明されました。

Business Process Optimization Bank of Italy

結果

シミュレーションは、現行の2つの事業部門の合併がとても有益であることを示しました。 合併による利点:

Watch Luigi Geppert from Fair Dynamics of Italy presenting this project at the AnyLogic Conference 2012 or download his presentation or a paper based on this case.

同様のケーススタディ

その他のケーススタディ