軍用機のメンテナンススケジューリングと人員配置の最適化

軍用機のメンテナンススケジューリングと人員配置の最適化

問題

軍用機のメンテナンススケジューリング

王立電気機械技術者グループ(The Corps of Royal Electrical and Mechanical Engineers / REME)は、国内外の英国陸軍向け電子機器の保守、修理及び製造を任されています。

エンジニアは、世界で最も高度なマルチロール戦闘ヘリコプターの1つApache Attack Helicopterを保守しています。この航空機は非常にメンテナンスがかかり、1時間の飛行に約35時間のメンテナンスが必要であり、これによりREMEの管理者は部隊の人員不足を懸念し、整備部門を拡張する必要があると主張しました。しかし、空軍の監督者は平均でこのワークロードを管理するのに十分なスタッフがいると考え、REMEが過剰にリソースを供給されているように感じていました。

両者は、REMEの労働力計画の問題を解決するためには、管理者がよりデータに基づいた意志決定を下す必要があると考えました。そこで両者は英国dseConsulting社に、スケジューリングと人員配置を最適化し、ヘリコプターの稼働率を高めるのに役立つ人材戦略を改善するための堅牢なツールの作成を依頼しました。コンサルタントの目標は次の通りです:

解決策

コンサルタントは、サイクル中のメンテナンスプロセスの分析とさらなる最適化のためのシミュレーションモデルを構築しました。モデルには、実際のシステム内にある複雑な動作の3つの領域が含まれています。

AnyLogicを使用した保守最適化モデル

AnyLogicのマルチメソッドシミュレーションアプローチにより、コンサルタントは展開サイクルプロセスをモデル化し、単純化することなく複雑さを処理できました。エージェントベースのシミュレーションにより、モデラーは、より良い統計を示すために、経験や疲労レベルなど、航空機エンジニアの行動を詳細に反映することができました。

シミュレーションモデルでは、次の統計が収集されました。

コンサルタントは、保守最適化モデルの結果を分析することで、人的要因の側面が活動に重要な役割を果たしていると結論付けました。たとえば、エンジニアが疲労していて非効率的である場合、作業に時間がかかり、関連するすべてのプロセスに影響します。ただし、新しいスタッフが採用された場合、新しい採用者の経験が少ない傾向があるため、効率レベルも低下します。その結果、REMEの管理者は、経験のある人員により多くの仕事が偏っていること、経験の少ない請負業者を雇うこととのバランスを検討しなければなりませんでした。

シミュレーションモデルの洞察力

結果

保守最適化モデリングプロジェクトの結果として、コンサルタントは、人員配置計画とスタッフの調整と管理の改善に使用できる意思決定支援ツールを顧客に提供しました。

プロジェクトのこの段階で、シミュレーションは、よりスマートな計画により、組織の主要な目標に加え、より低コストで20%の航空機の稼働率向上の可能性があることを示しています。

プロジェクトの第2フェーズでは、REMEで人件費を約270万ドル節約できると推定されています。

同様のケーススタディ

その他のケーススタディ