ルアーブル港 鉄道ロジスティクス・シミュレーション

ルアーブル港 鉄道ロジスティクス・シミュレーション

問題点:

フランス最大のコンテナ港であるルアーブル港は、新しい多機能なターミナル構築の支援を必要としました。新しいターミナルは、海上輸送のみならず、列車および河川の荷船でのコンテナ輸送が含まれます。このエリアでは、輸送機械からコンテナをクレーンで移動させ、シャトル便で運搬車に載せます。次に、海上輸送まで運びます。これら車両の動きは、AnyLogic社コンサルティングチームで開発されたシミュレーション・モデルの最も重要な要件でした。シミュレーション・モデルでは次のシナリオ二つを比較します。:

  1. ベーシック(機関車に連結された貨車を利用)
  2. アドバンス(機関車を利用せず移動手段として自動車両を利用)。

目的は、サービスの質(コンテナがどれくらいの時間今回のシステムに留まるか)、およびターミナルのネットワーク構造で改善可能なコストを判断することでした。

解決策:

コンサルタントは、輸送ネットワークのモデル化にAnyLogic鉄道ライブラリーを使いました。貨物車、クレーン車およびネットワークのその他の要素の動きは、低レベルの抽象概念でシミュレートされました。2つのシナリオがかなり異なるため、別々の以下のモデルを2つ作成しました:

 

結果:

結果は、両方のシナリオのために集められた統計表を含んでいました。鉄道、貨物車、クレーン車および港湾作業員のようなネットワークの様々な要素のコストを算定しました。サービスの質のデータでは、自動車両が受動的車両より効率的でコストが安価と評価しました。

シミュレーション・モデルを使うことで、国内の鉄道ロジスティクスの2つの方法論を比較することができ、最適な方を選択し、貨物車の必要台数を判断できます。

AnyLogicモデルのデータは、ターミナルの建設計画の実行可能性を投資家に立証することができました。 

Multimodal Terminal Simulation Multimodal Terminal Simulation

同様のケーススタディ

その他のケーススタディ