透析患者トータルケアのニーズ

透析患者トータルケアのニーズ

問題:

スウェーデン 首都ストックホルムは、諸国、諸地域と同様、様々な患者グループへのヘルスケアの必要性があります。各グループは独特な特徴、特性および課題を合わせてサブ集団と見なします。今回ご紹介するシミュレーション・プロジェクトは、透析患者(医療施設の来院頻度が高いグループ)に着目しました。

シミュレーションモデルが、重要視していたのは、よりコンパクトな集中型と比較して、介護者分散の影響を把握することでした。モデルは増強され、新しい考えとニーズを扱うためにさらに発展しました。したがって、現在のモデルは、さらに異なる方法で異なる患者の扱いを見ることが出来ます(自宅での必要性、訪問介護、支援の必要性、全く必要無し等)。

ソリューション:

この問題は大規模な問題として考えられ、マルチメソッド・モデリング・アプローチが使われました。ディスクリート・イベント・モデリングが介護者およびシンプルな介護プロセスをモデル化するために使用され、エージェント・ベース・モデリングは環境(地域)および患者をモデル化するために使用されました。可視化は理解しやすくするために重要な役割を果たしました。

この場合、アニメーションとビジュアル化したモデルを実行する前でも多くの結論を引き出すことができるかもしれません。入力データ(Excelファイル、モデル・インターフェースの様々なインタラクティブコントロールでデータ変更を提供)に記述されたシナリオと、「重心(センターオブグラビティ)」はニーズ(患者)の見込みとキャパシティー(介護者)両方を視覚的に描写しました。これらの中心が互いに接近していた場合、状況は静的に正常でした。その後、シミュレーションは、これがさらにダイナミックな場合に、モデル開発者が理解するのを助けました。

結果:

モデル化の状況では、特にヘルスケアでは、モデルによって追加された値は、定量的結果指標(数値)の組み合わせによって与えられ、問題のより一般的な理解は、より定性的なタイプのものです。この場合、指標の例としては、ケアの生産性(それは十分であったかどうか)、患者の移動距離、介護者使用率が許容可能であったかどうかのより良い理解をもたらしました。

ヘルスケア・シミュレーション・アニメーション・マップ

モデル・アニメーション・マップ

定量的結果指標により可能になることは次のとおり:

質的側面は通常、定量的なものよりもさらに貢献(より良い意思決定プロセスを可能にします)するにもかかわらず定量的出力は、他の手段を介して取得することができるものよりも高品質を持っています。

このモデルは、ストックホルムで透析医療の問題に取り組む専門家によって意志決定サポートツールとして現在使用されています。

同様のケーススタディ

その他のケーススタディ