GE リアルタイムの意思決定

GE リアルタイムの意思決定

概要

2012年GEは革新的なエネルギー貯蔵事業の立ち上げと併せて新たに電池製造工場を開設しました。新しいDurathonバッテリー製品は、従来の鉛酸蓄電池のサイズの半分であるが、寿命が10倍長い製品で、これは、GEのグローバル研究センターで開発され、このバッテリー技術のために投資された1億ドルの成果です。また、施設を拡大することで、生産量が倍増、新たに100人の雇用者を増やし、フル稼働時の工場の総労働力は450人になりました。

問題

GEの挑戦的なチャンスは、進化するプロセスと不確実性の中での生産スループットと生産高の向上、市場シェアを獲得するための製造コストの削減など、多くの課題をもたらしました。 日々27,000以上の記録変数を持つGEはたくさんのデータを保持していましたが、正確なデータ分析、またはオプションのテスト評価に欠けていました。

GEグローバルリサーチセンターは、特定のプロセスだけでなく製造システム全体を分析する、強力で柔軟な分析ツールを探していました。

ソリューション

GEはシミュレーションモデリングによる分析を選択しました。なぜなら投資効率が劇的向上し、シミュレーションによって長期にわたりシステムの挙動の視覚化が可能になったためです。長期的な影響は、従来の計算方法を使用した場合と比較して、高い精度で評価することができます。

フルプラントシミュレーション開発プロセス

フルプラントシミュレーション開発プロセス

このプロジェクトでは、エージェントベースとマルチメソッドモデリング機能をモデル化できるAnyLogicシミュレーションソフトウェアが選択されました。これにより、GEはあらゆる分野での問題解決に、シミュレーションモデルを活用して、リアルタイムの意思決定を可能にしました。

製造シミュレーションモデル

AnyLogicで作成されたGEのシミュレーションモデルは、変動のあるベースラインキャパシティの決定、ボトルネックの特定、生産計画の立案、継続的改善の促進、P/E投資の評価、リアルタイムの生産最適化の実現等の様々な問題に重点を置いています。

入力データ:

結果

GEのフルプラントシミュレーションは製造フローをモデル化したもので、キャパシティプランニング(プロジェクトの識別、評価、優先順位付け)、ボトルネックの定量分析、および改善オプションの評価に使用されました。リアルタイムの意思決定支援は、仮説シナリオの実行、結果の最適化により、「今後8時間以内のオペレータの増員が必要か」などの質問に迅速、簡単、正確に回答できます。

AnyLogicソフトウェアは、適切な確率論的かつマルチシナリオに基づいた適切な決定を下すためのツールをGEに提供しました。これにより、日常業務の明確な可視性、生産スループットの向上および製造コストの削減が実現しました。

このプロジェクトをAnyLogicカンファレンスでご紹介するGE Global ResearchのオペレーションズリサーチャーShanshan Wangのビデオをご覧ください:

同様のケーススタディ

その他のケーススタディ