シミュレーションソフトウェアによる気泡コンクリート製造プロセスの分析と最適化

問題

SET-Holding’s社のOryol地区に新しく建設された気泡コンクリート工場は、生産目標を達成できませんでした。設備管理者は貧弱なパフォーマンスを人為的要因任にしました: 生産技術は革新的で、工場従業員は挑戦していました。SET-Holding’s社は、状況を分析し、かつ生産量を増加させるためにコンサルタントを募集しました。コンサルタントは、AnyLogicソフトウェアを使用して、工場のシミュレーションモデルを構築することを決定しました。

解決策

AnyLogicソフトウェアで構築された生産最適化シミュレーションモデル

AnyLogicソフトウェアで構築された生産最適化シミュレーションモデル(クリックして拡大)

シミュレーションモデルは、原材料の準備、混合物の注入、切断、分離、オートクレーブ、荷降ろし、トロリー、クレーン、労働者、およびパレットの移動を含む発泡コンクリート製造プロセスを詳細にモデル化しました。必要なパラメーターは、操作の継続時間の測定結果を保存する外部データベースからモデルにロードされました。

モデルは以下の結果を示しました:

プラント機器の状態は別々のグラフで表示し、ユーザは機器の稼働時間と停止時間の比率を視覚的に推定できます。

シミュレーションモデルにより、さまざまなエンタープライズパフォーマンスパラメーターを追跡できました:使用するリソースの割合(切断ラインと金型の使用率、待ち行列、使用中のパレットの数等)、完成品数の毎日の統計、気泡コンクリートが注がれるすべての金型の状態、および使用されていない金型の数。さらに、グラフを使用することで、生産性の傾向と金型の使用レベルを監視できます。

結果

AnyLogicソフトウェアで構築された製造プロセスシミュレーションモデル

AnyLogicソフトウェアで構築された製造プロセスシミュレーションモデル(クリックして拡大)

本モデルにより、工場管理者は企業活動を詳細に検討することができました。このモデルはすべての製造プロセスを正確にシミュレートしているため、問題分析、意思決定、および変更の予測に最適です。

製造シミュレーションモデルにより、経営者は製造現場のパフォーマンスや運用状況を確認し、さまざまな故障や異常時の製造現場の状況を予測することができます。また、モデルは精度が高いため、このモデルを、製造業務の基準として決定し、この基準と比較して、各種の不規則性をモデルに記録し、その原因をモデル内で特定することは大変便利です。AnyLogicは2D及び3Dの視覚的なプレゼンテーションが可能で、通常の表やグラフよりも分かりやすく表現できるので、製造現場の状況を更に理解しやすくします。

その結果、コンサルタントは工場の生産性を大幅に向上させるソリューションを見つけることができました。実際の工場で実験する代わりに、安全なデジタル環境であるシミュレーションモデル内で実験できるため、必要な変更はすべて、生産を中断することなく迅速に実験できます。


ここでは、オートクレーブ処理された気泡コンクリート工場のモデルを見ることができます。これは、このケーススタディで説明されているものに類似しています:

同様のケーススタディ

その他のケーススタディ