倉庫自動化システム導入の効果

倉庫自動化システム導入の効果

挑戦:

Symboticは倉庫自動化ソリューションプロバイダです。そのシステムは、ストレージ構造全体を自由に移動し、あらゆる場所の製品にアクセスし、非常に高いスループットでそれらを処理するモバイルロボットです。Symbotic Systemの主な利点は、3次元で動作する高スループットで安定したパレット移動を構築するシーケンシングとアルゴリズムです。

実際の自動化システムが導入される前に、顧客が倉庫の再編成による影響を調査するために、設備投資と予想される運用コスト削減を比較できるツールが必要でした。このツールは、特定のクライアントごとに簡単に調整する必要がありました。

シンボリック・スペシャリストは、コストを正確に見積り、倉庫内のプロセスを3Dで視覚化し、複数のプロジェクトで簡単に再構成できるモデルを作成できるAnyLogicシミュレーション・ソフトウェアを使用することにしました。

ソリューション:

Symbotic技術者が顧客に作成したモデルは、高いレベルの倉庫環境と稼働をシミュレートしました。具体的には:

倉庫シミュレーションモデルの可視化

3Dアニメーション倉庫モデル

各エージェントタイプには、速度、信頼性、機器の動作時間、寸法、レイヤーごとのケース、各SKUのパレットあたりのレイヤーなどの独自の特性がありました。入力データは実データから得られたものです。

モデル作成者にとって、オートメーションシステムと人間のオペレータとの間の様々な相互作用をシミュレートすることが特に重要でした。これには、入荷を受け取り、在庫が自動化されている部分と自動化されていない双方を、最適な順序で顧客注文を満たすように補充するシステムをシミュレートすることでした。また、モデルでは、作業員のシフトスケジュール、昼休み、及び機器故障等も考慮に入れました。このモデルでは、倉庫の3Dアニメーションと主要な測定項目のグラフィカルな表示が特徴で、営業担当者に強力なプレゼンテーションツールを提供し、クライアントが今後の再編を施した場合の倉庫を実際に見られるようにしました。

結果:

モデルは、各クライアントからの過去6ヶ月間の注文データを使用してテストし、 導入された自動化ソリューションの有無にかかわらず、倉庫運用を比較するために、Symbotic技術者はモデルで以下の統計を収集しました。

これらの統計は、倉庫設計を評価し、設備投資を正当化するために使用されました。

Symbology社は、モデル要素を比較的小さな負荷で複数のプロジェクトで再利用できるように、シミュレーションモデルを設計したため、倉庫のレイアウト、操作手順、SKUプロパティなどを簡単に変更でき、また3Dアニメーションは、シミュレーションを強力な販売ツールとして活用することができました。

Symbotic LLCのCTO、Larry M. Sweet博士によるプロジェクトプレゼンテーション:

同様のケーススタディ

その他のケーススタディ