入院患者治療キャパシティーの評価

入院患者治療キャパシティーの評価

問題:

近代の病院を新設する場合、建設に重要な判断が必要な多くの問題がリストアップされ、医療の専門家はこれらに直面します。スウェーデンの首都ストックホルムは高度専門医療病院を新設する過程において、健康局は、様々な運用方法と戦略的課題において、投資に見合う病院運営が可能か疑問視しました。その答えを見つけるために、彼らはAnyLogicシミュレーション•モデリングを使用しました。

シミュレーション•モデリングは、より複雑化した問題に対処する場合、開発された最初のモデルは、最終的なモデルとは限りません。シミュレーションを正確に使用することは、問題の議論と理解の両方を上げます。それは、多くの場合、新しい質問とモデルの適用範囲の拡張あるいは変更する必要に結びつきます。

このモデルの最初のバージョンは病院運営のトータルキャパシティに注目しましたが、バージョン2では、病院が入院患者治療のための様々な患者割当てシナリオで実験することを可能にしました。ユニークな特性を持つ様々な臨床のグループに患者を分割するために、これらのニーズが異なる入院患者ケアのリソースによって対処された方法とのバランスをとるための意思決定支援ツールを提供しました。

ソリューション:

シミュレーションでより良く実世界の問題を解決するために、モデル製作者は、モデル化する産業(この場合 ヘルスケア)の戦略や運用上の問題点についての深い理解力を持っていなければなりません。この能力は、よりよいモデルを構築するためにその問題の本質を理解し、解釈し、時々、それを再公式化することができ、モデルに価値を加えることを保証します。このプロジェクトでは、モデラーがその問題におけるビジョンを発展させて、かつ利害関係者が持つ疑問に対する答えを見つけるために、変更することを可能にしたのは戦略、管理及び運用分野の権限でした。

病院シミュレーション・モデル

病院モデルの最初のバージョン

本シミュレーション・プロジェクトの前は、病院全体としてではなく、病院(救急外来、入院治療、手術室など)の様々な組織の部分ごとに着目する傾向がありました。しかし病院システムでは、相互依存を考慮しなければならず、これまでの戦略は危険な方法です。モデルは、相互依存を考慮したシステム・アプローチを反映するように設計しました。

最初のモデルでは、各組織の一部がキー・プロセスおよび主要資源の観点から、非常に簡略化された形式に離散事象シミュレーションを用いて説明した後、これらの情報は様々な可能性のある患者フローをモデル化するため、一緒に結合しました。この後、需要(来院患者)、リソース・レベル(病床数、部屋数など)、期間のばらつき(入院期間の予測、治療時間の予測など)および戦略(患者の病院内での移動予測)を試験することにより、仮説のシナリオで無限の実験をすることが可能です。

ヘルスケア・シミュレーション

病院モデルの第2バージョン

モデルの第2のバージョンは臨床のグループに入院患者を分けました。これは異なる特性とニーズ、異なる選択肢、患者カテゴリのアロケーションのバランスを保つかを、よく考慮するために行われました。その結果、ほとんどのロジックは同じでしたが、これが新しいモデルであることは視覚的に明らかでした。

モデルの両方のバージョンは人間と人員のリソースではなく物理資源に注目しました。建物と投資と関係する決定を測定する際には、物理資源によってキャパシティが制限されると考えるほうが重要なので、このアプローチが選ばれました。もう一つの理由は、最適な人材、アカウントのスケジューリング、計画戦略、およびマイクロモデル内の関連する様々な能力カテゴリと役割等は、今回のような抽象化レベルの場合に考慮することは適切ではないと考えました。

結果:

モデルによって出された結果は、医療とリソース利用率を達成しました。これは、病院のキャパシティが許容範囲内であったかどうかを把握するのに役立ちました。

モデルのおかげで、考慮中のシナリオと状況を与えることで、オペレーション及び入院患者治療などの点から医療業務を評価することができました。これにより、可能性のあるリスクや課題をピンポイントでリソース使用率を見ながら議論することができました。

モデルで得られた主な結論は、多くの利害関係者が長い間指摘したとおり、入院患者治療のためのリソース・レベルは必要数よりはるかに低かったことを確認しました。よってシミュレーション・プロジェクト・マネージャーは、意思決定者に対し、その問題に取り組む処置を講ずるように奨励しました。

利害の対立が含まれる複雑な問題においてダイナミックモデルを使用する主な利点は、定量的よりも定性的です。この理由は次のとおりです。

このモデルは、既存の病院でオペレーションを分析するためのモデル用のテンプレートとしても使用されました。このモデルのロジックは、システムとして病院を見て、システムのバランスが取れているか否かを評価するために一般的に利用できるプランナーと見なすことができます。

同様のケーススタディ

その他のケーススタディ