電気自動車のルート最適化:シミュレーションソフトウェアによる計画の実施

電気自動車のルート最適化:シミュレーションソフトウェアによる計画の実施

問題

Electricite de France (EDF) は、フランス最大の公共電力会社です。その活動の1つは、充電インフラの開発とエネルギー効率の高い車両の普及です。このエリア内で、同社はパリとその近郊で電気トラックによる配送を運用管理するためのツールを作成するプロジェクトを開始しました。

同社は、すべての注文が時間どおりに配達されるようにルートを最適化する必要がありました。この目的のために、EDFはシミュレーションモデリングソフトウェアを選択し、開発されたモデルに電池充電最適化アルゴリズムを統合することを決定しました。

配送ルート最適化モデル — デポ

解決策

EDFスペシャリストは、AnyLogicシミュレーションソフトウェアで配達モデルを構築しました。実際のシステムをより正確に反映するために、彼らはいくつかの制約を考慮しました:

配送ルート最適化モデルでは、開発チームはエージェントベースのシミュレーション手法を使用して電気トラックの運用を分析しました。モデルの実行時に時間の経過とともに変化する特性(車両の速度、積載重量など)と状態(待機、積載、荷降ろし、ルート上等)をトラックごとに定義しました。

配送ルート最適化モデル — マップビュー

さらに、シミュレーションでは、バッテリー容量が異なる2種類の電気トラックがありました。チームは、GPS位置や個々の充電器の電力などの充電ステーションのパラメータも設定しました。

その後、AnyLogicソフトウェア機能を使用して、開発者は残りのロジスティクスネットワーク施設をGISマップ上に配置しました。また、充電ステーションと電気トラックの2Dおよび3D可視化も設定しました。これにより、システム全体を観察できるパリ近郊の地図ビューから、より詳細なオブジェクト操作ビューに簡単に切り替えることができます。

配送ルート最適化モデルの出力は、GISマップに表示された、充電ステーション、トラックの状態、および注文状態に関する統計や移動ルートでした。

シミュレーションでは、EDFチームはトラフィック密度を変更し、プリセットパラメータ値の一部を変更し、充電器のオンとオフを切り替え、これらの変更がロジスティクスネットワーク全体の運用にどのように影響するかを観察できます。

配送ルート最適化モデル — デポ統計

結果

プロジェクトに取り組んでいる間、EDFチームは、配送ルート最適化シミュレーションモデルを開発し、ロジスティクスネットワークを可視化し、AnyLogicソフトウェアを使用して統計を収集しました。

このモデルはフリート内のさまざまなタイプのバッテリーを搭載した電気トラックの最適な数と比率を計算するのに役立ちました。彼らはまた、充電器の数と、電気自動車による商品の中断のないタイムリーな配達をサポートするために必要な電力を特定しました。

モデルが完成すると、EDFチームは別のバッテリー充電最適化アルゴリズムをモデルに統合しました。アルゴリズムが調整された後、同社は電気トラックによる配送のリアルタイム運用管理のためのツールを開発する予定でした。

同様のケーススタディ

その他のケーススタディ