大型ファストフードチェーンの需要と供給計画

大型ファストフードチェーンの需要と供給計画

問題:

HAVI社は、売上高50億ドルのグローバルな会社で、長年に渡ってマクドナルド社のサプライチェーンとパッケージングに従事するパートナー企業です。同社は、サプライチェーン・マネジメント、パッケージング、ロジスティクス、リサイクル及び廃棄物処理サービスを供給しています。 マクドナルド社は、14,000のレストランでより多くのメニューの提供及び朝食メニューの全日提供を考えましたが、数多くの課題、例えば、メニューの複雑さ、新しい機器の必要性、スペースの制約等様々な問題に直面していました。

大型ファストフードチェーンの需要と供給計画

マクドナルド社の目的は、メニュー拡大による可能な限りの投資リターンを得るため、厨房設備やスタッフをどの様に配備するかでした。HAVI社と協力して、14,000店舗全体のサプライチェーンと業務の膨大な複雑さを反映したシミュレーションモデルを作成しました。モデル使用するメリットは、設備購入や人材派遣の意思決定を可能にすることでした。

解決策:

HAVI社は人間の経験とデータを比較検討して、シミュレーションと解析論として仮設主導型(An iterative hypothesis-driven)プロセスを使用しました

仮説主導型プロセス

マクドナルド社の要求に沿うように、モデルは次の点が考慮されました。

AnyLogicを使用することで、これらの要件を満たすことができ、スペースの制約と多種多様な設備や作業環境の設定が可能になります。シミュレーションモデルの決定項目(変数)は下記のとおりです:

厨房のレイアウト

アウトプットは、顧客の体験を測定することが不可欠でした。その結果、サービス時間、食品の新鮮さ、廃棄物等の要素もモデルに含みました。

最後にHAVI社のアナリストの解析論プロセスの厳格にするため、モデルはマクドナルド社の試験用キッチンにおいて、実際に確認し校正されました。結果として得られたモデルは、必要なメトリックを捕捉し、現実世界に匹敵するシミュレーションを提供しました。これによりAnyLogicのシミュレーションは意思決定プロセスを支援し、マクドナルド社が望むメニュー拡大のための最良の収益をもたらしました。

AnyLogicのエージェントベースモデリングの優れた点は、システムの性質を現実世界のように捕捉することが可能なことです。彼らが操作する、労力、環境等の特性およびパラメータは、必要に応じてモデル化され、再利用のために開発されたカスタムオブジェクトでモデル化されます。

HAVI社は、最も包括的かつ強力な結果を得るために、エージェントベース、ディスクリートイベント、及びシステムダイナミクスモデル作成方法論が1つのモデル内で連携して動作する手法をサポートするAnyLogicシミュレーションを選択しました。

結果:

AnyLogicモデルは、さまざまな需要プロファイルと店舗の構造の結果を出しました。これにより、HAVI社は目的に合わせた様々な推奨事項を提供することができました。

これらの推奨事項は、様々なシナリオで顧客サービスレベルのしきい値を満たすための設備の必要性とコストの試算を含んでおり、そのメリットは、労働コストと機器コストのトレードオフを最適化したことでした。

AnyLogicシミュレーション・モデリング無しでは、徹底的な実試験に時間を大幅に費やしたことでしょう。

HAVI社Nate DeJong氏によるプロジェクト発表

Screenshot_1.jpg

同様のケーススタディ

  • 複雑な大量の土を動かす土木シミュレーションモデル

    Consolidated Contractors カンパニー(CCC)は世界ランク18位の中東最大の建設会社です。CCCは40カ国以上にオフィスとプロジェクトを抱え、13万人以上の従業員が働いています。事業は、石油・ガスプラント、製油所および石油化学施設、パイプライン、発電および淡水プラント、軽工業、上下水処理プラント、空港および港湾、重工業、ダム、貯水池および流通システム、道路網および高層ビルなど幅広く手掛けています。
    続きを読む
  • データ・サイエンスとシミュレーション・モデリングを使用したビジネス・プロセスの最適化

    世界中の企業は、刻々と変化するビジネス世界に対応するためにデータ分析を使用しています。しかし、データ・サイエンスはシミュレーション・モデリングとどのように関係しているのか?また、これらの相互作用は、主にビジネスの価値にどのように関係するでしょうか?フォーチュン500企業であるUnited Services Automobile Association(USAA)は、これらの質問の解決策を見出しました。
    続きを読む
  • イタリア銀行 バックオフィスシステム モデリング

    イタリア銀行(BANCA D'ITALIA)は毎年一定量の銀行口座振替 を処理します。振替は自動的に処理することができず、銀行の バック・オフィスの2つの部署に依頼することになります。銀行 は、2つの部署の合併が有益かどうか判断が必要でした。
    続きを読む
  • 航空機生産の経営戦略分析

    エアバスグループは、新たな挑戦としてEuropean Union ARUM(Adaptive Production Management/適応生産管理) プロジェクトに参加しました。このプロジェクトは、主に航空機および造船業界における新製品の立ち上げを目的とし、リスク削減、意思決定およびプランニング用のハイテクソリューションの開発に重点を置いていました。
    続きを読む
  • Improving Patient Flow at an Outpatient Clinic Using Discrete Event Simulation Modeling

    Indiana University Health Arnett Hospital, consisting of a full-service acute care hospital and a multispecialty clinic, faced poor statistics because the number of no-show patients (those who don’t show up for their scheduled appointments) rose dramatically to 30%. This was primarily connected to the fact that clinic schedules were driven by individual preferences of the medical staff, which led to increased variations in scheduling rules. To eliminate the problem, the client wanted to develop a scheduling methodology that would benefit the clinic, doctors, and patients.
    続きを読む
  • ATOM: Digital Twin of Siemens Gas Turbine Fleet Operations

    The Agent-based Turbine Operations & Maintenance (ATOM) model is a digital twin simulation model developed by decisionLab Ltd and Siemens. The digital twin emulates the global maintenance repair and overhaul (MRO) operations of Siemens’ aero-derivative gas turbine division. Driven by live data already available within the supply chain, the model provides the capability to use sophisticated simulation and data-analytics methodologies to optimize the fleet operations of Siemens, enabling better data-driven decision-making to improve productivity and efficiency in customer operations and asset management.
    続きを読む
  • Automotive Company Applies Business Process Simulation Tool to Improve Resilience and Innovation

    A multinational US based automaker was considering altering the company’s strategy and business model in the face of changing realities. A resilience and innovation gap can grow into an existential risk. Statistics show that companies are six times more likely to go bankrupt today than 40 years ago. Today, the car ownership model is gradually being replaced by a model where a vehicle is a service. In view of this, the automotive company declared itself not a manufacturer any more, but a mobility company.
    続きを読む
その他のケーススタディ