大型ファストフードチェーンの需要と供給計画

大型ファストフードチェーンの需要と供給計画

問題:

HAVI社は、売上高50億ドルのグローバルな会社で、長年に渡ってマクドナルド社のサプライチェーンとパッケージングに従事するパートナー企業です。同社は、サプライチェーン・マネジメント、パッケージング、ロジスティクス、リサイクル及び廃棄物処理サービスを供給しています。 マクドナルド社は、14,000のレストランでより多くのメニューの提供及び朝食メニューの全日提供を考えましたが、数多くの課題、例えば、メニューの複雑さ、新しい機器の必要性、スペースの制約等様々な問題に直面していました。

大型ファストフードチェーンの需要と供給計画

マクドナルド社の目的は、メニュー拡大による可能な限りの投資リターンを得るため、厨房設備やスタッフをどの様に配備するかでした。HAVI社と協力して、14,000店舗全体のサプライチェーンと業務の膨大な複雑さを反映したシミュレーションモデルを作成しました。モデル使用するメリットは、設備購入や人材派遣の意思決定を可能にすることでした。

解決策:

HAVI社は人間の経験とデータを比較検討して、シミュレーションと解析論として仮設主導型(An iterative hypothesis-driven)プロセスを使用しました

仮説主導型プロセス

マクドナルド社の要求に沿うように、モデルは次の点が考慮されました。

AnyLogicを使用することで、これらの要件を満たすことができ、スペースの制約と多種多様な設備や作業環境の設定が可能になります。シミュレーションモデルの決定項目(変数)は下記のとおりです:

厨房のレイアウト

アウトプットは、顧客の体験を測定することが不可欠でした。その結果、サービス時間、食品の新鮮さ、廃棄物等の要素もモデルに含みました。

最後にHAVI社のアナリストの解析論プロセスの厳格にするため、モデルはマクドナルド社の試験用キッチンにおいて、実際に確認し校正されました。結果として得られたモデルは、必要なメトリックを捕捉し、現実世界に匹敵するシミュレーションを提供しました。これによりAnyLogicのシミュレーションは意思決定プロセスを支援し、マクドナルド社が望むメニュー拡大のための最良の収益をもたらしました。

AnyLogicのエージェントベースモデリングの優れた点は、システムの性質を現実世界のように捕捉することが可能なことです。彼らが操作する、労力、環境等の特性およびパラメータは、必要に応じてモデル化され、再利用のために開発されたカスタムオブジェクトでモデル化されます。

HAVI社は、最も包括的かつ強力な結果を得るために、エージェントベース、ディスクリートイベント、及びシステムダイナミクスモデル作成方法論が1つのモデル内で連携して動作する手法をサポートするAnyLogicシミュレーションを選択しました。

結果:

AnyLogicモデルは、さまざまな需要プロファイルと店舗の構造の結果を出しました。これにより、HAVI社は目的に合わせた様々な推奨事項を提供することができました。

これらの推奨事項は、様々なシナリオで顧客サービスレベルのしきい値を満たすための設備の必要性とコストの試算を含んでおり、そのメリットは、労働コストと機器コストのトレードオフを最適化したことでした。

AnyLogicシミュレーション・モデリング無しでは、徹底的な実試験に時間を大幅に費やしたことでしょう。

HAVI社Nate DeJong氏によるプロジェクト発表

Screenshot_1.jpg

同様のケーススタディ

その他のケーススタディ