AnyLogicでイギリス海峡横断

AnyLogicでイギリス海峡横断

パリとロンドンを直接つなぐイギリス海峡トンネルは1994年に開通しました。初めはヨーロッパ2首都間の貿易促進が目的でしたが、乗客輸送の機能が急速に高まり、重要な問題点になりました。実際、毎年5000万人の乗客がイギリス海峡を往来します。2010年には、国際高速列車のユーロスター会社が、パリとロンドン間の旅客輸送の70%をシェアしています。ユーロスターは、首都間を1日に20往復し、旅客輸送の主な交通手段として成功しました。さらに、2012年ロンドンオリンピックではユーロスターの利用客増加に結びつき、効率的な鉄道ターミナルの重要性を表しています。

プロセス管理が複雑な駅の国境横断管理の効率化をはかるため、ターミナルの適切な再開発は、類型学、移動、待機スペースだけでなく利用できる定員数および最終的に行動予測で分類した乗客の移動など、多くの重要な要素を考慮しなければなりませんでした。

SNCF Gares & Connexions社は、パリにあるTransmanche Terminal of the Gare du Nord駅を最適化するシミュレーション・モデルの開発のために、AnyLogic社のテクニカルサポート、AREP社およびコンサルティング会社EMSYSS社が参加しました。主な目的は、待ち時間の縮小でした。作成されたモデルは機能障害を見つけ出し、評価し、それを描写します。

Transmanche Terminal of the Gare du Nord駅の管理区域の異なる局面をモデル化しシミュレートすることは、AnyLogicソフトウェアの特有の技術・機能特性で可能になりました。経験を蓄積しながら駅を最適化することで、SNCF社は増加する旅客輸送量の解決策をシミュレーション・ソフトウェアの利用で可能にしました。AnyLogicシミュレーション・ソフトウェアは、2012年ロンドンオリンピックに新しい空間を提案した革新技術です。

Eurostar.JPG

同様のケーススタディ

その他のケーススタディ