AnyLogicでコンテナ・ターミナル処理能力を評価

AnyLogicでコンテナ・ターミナル処理能力を評価

概要

港湾局は、コンテナ(TEU)処理能力を最大限にすることをめざしています。

ターミナルの主な改良はTEU処理能力を改善するもので、作業方法(特にTEUのレイアウトおよび積み重の高さ)の分析を通じて、より少ない経費に改善できるかもしれません。

TEUを再移動する割合を増加させずに、処理能力を増加する最適な積み重ね構成は何ですか。

モデリング・アプローチ

エヴァンス&ペックは、増加する TEU スループットと積み重ね高のトレードオフを実証するために、ディスクリート・イベント・シミュレーションモデル・アプローチを利用しました。

オブジェクト指向のアプローチの使用して、個々のコンテナー・トラッキングが可能です。港の全面的な機能性は、停泊所とコンテナ運搬車両(Staddle carrier)の利用の調整により評価されます。

本メソッドのようなインターモーダル・コンテナ・ターミナルのための様々なレイアウトおよび構成オプションは、鉄道輸送等についても適用し分析することができます。

container terminal throughput

Model developed and published by Evans & Peck Australia.

同様のケーススタディ

その他のケーススタディ