大手FMCG小売業 適切な倉庫レイアウトの選択

問題:

東ヨーロッパの最大手の一つFMCG社は流通センター一か所から多数地域に渡る数百店舗に商品を配送しています。会社は、流通センターのパレット・ラックとコンベアーの配置変更の計画をしました。新しいレイアウトのキャパシティーを評価し、かつ倉庫の有効性を評価するため、AnyLogic社コンサルティングによる倉庫シミュレーション・モデルを構築することにしました。

倉庫シミュレーション・モデル

AnyLogicによる倉庫レイアウトのシミュレート

ソリューション:

倉庫モデルは、次のものを含む流通センターで発生するメイン・プロセスすべてをシミュレートしました:

モデルの入力データ:社員番号、作業計画、作業のタイミング、物品の受取と発送計画、様々な出来事の発生確率及び機器の故障など。これらのデータを使用して、シミュレーションは、サービス品質、設備(タイプ別)および社員の作業負荷(役職別)を評価し、倉庫のキャパシティーと運用コストを算出しました。

5万平方メートル以上のエリアを持つ流通センターは、広範囲な地域にわたる数百店舗を受け持っているため、モデルはそれらに対応した詳細を表す優れたものでした。モデルは、商品の個別の特性、数千種類の貯蔵箱、倉庫内すべての箱、各物品の動きおよびあらゆる受入/出荷オーダーを考慮に入れました。

流通センター・シミュレート・エレメント

倉庫ビジネスプロセスのシミュレート

結果:

シミュレーション・モデルは、様々な負荷レベルで最新のパレット・ラックおよびコンベヤーの配置テストを実施し、さらに、社員数および設備数と倉庫キャパシティーの相関性を分析しました。これは、一定の期間で倉庫負荷の計画に基づいたニーズに対し、最適な従業員を配置する管理においてモデルを使用することを可能にしました。

さらに、アニメーション動画で倉庫業務プロセスを新入社員に簡単に説明できることから、ユーザーは人材育成にモデルを利用しました。

同様のケーススタディ

その他のケーススタディ