旅客鉄道における最高のコンセプトの選択

旅客鉄道における最高のコンセプトの選択

問題:

CIS鉄道車両製造施設トヴェリキャリッジ工場(Tver Carriage Works)は、都市鉄道のための最適な旅客鉄道のコンセプトを選択する必要がありました。工場はさまざまなドア数や広さなどのコンセプト決定するためにピーク時における乗降時間を比較する必要がありました。彼らは、このタスクを実行するため、ITSコンサルティングと契約をしました。コンサルタントは、歩行者シミュレーション•モデリングがソリューションを提供する可能な限り最善の手段であると考えました。

解決:

Three-door rail car seen from side and from the top

3ドア列車をサイドと上部から見る

5つの鉄道車両コンセプトは、入力データとして提供されました。最善の選択をするため、コンサルタントは以下の基準で比較する必要がありました:

乗客の行動をシミュレートするために、2Dと3Dアニメーションに加えて、AnyLogic歩行者ライブラリを利用し、プロセスの可視化を可能にしました。

モデルをリアルな状態に近づけるように、座席を確保できないシナリオも含めて、乗客の数々のカテゴリー(定期的な乗客、年配の乗客、手荷物のある乗客)、独自に具体的な数々の行動に分類しました。

モデル内の乗客は確率的(公共交通機関の実際の経済状況に類似)に乗車、降車させ、モデラーは平均50回実行し統計を分析に使用しました。

結果:

デンシティマップ(密度地図機能)を利用することで、モデルは、他案との比較では、ドア間のより有効なスペース利用に3ドアがより有効と判断しました。

1400mm広くした3ドアによるコンセプトが、乗降時間および避難時間を最小限にできることを歩行者シミュレーション・モデリングは示しました。平常時間帯に十分な座席を提供しつつ、混雑時も3ドア列車内の空きスペースの拡大は、より効果的でより快適な交通機関を可能にしました。

結果、新トヴェリ・キャリッジ工場 EG2Tv電車の設計に使用されました。

同様のケーススタディ

その他のケーススタディ