チェリャビンスク冶金プラントは、電気炉溶工場のシミュレーション・モデルを使用します

チェリャビンスク冶金プラントは、電気炉溶工場のシミュレーション・モデルを使用します

モデルは一新される作業現場、地上環境および生産工程をシミュレートします。これは、世界的な採鉱および金属製造業会社Mechelグループのチェリャビンスク冶金プラント(CHMK)が実験した最初の生産シミュレーション・モデリング・プロジェクトです。モデルはロシアの、AnyLogic社によって作成されました。

同社は、シミュレーション・モデリング技術を使用して精度の高い解決策を見つけるためにシミュレーション技術を利用します。シミュレーション・モデルで事前に実験することにより、プラントの近代化の過程で、経費を著しく縮小しました。さらに、それは、新しい生産設備を定義し、多品種の鉄鋼と生産の方法を支援しました。

電気炉溶工場のモデルは、12時間から12か月にわたる様々なスケジュールの工場運営をシミュレートするJavaアプリケーションです。モデルは、新しい環境、設備および製造工程を含み、実験の結果は生産設備、設備故障等の情報をエクセル・フォーマット・レポートで表示します。シミュレーション・モデルは、企業が高品質の製品およびレールの生産量を増加するための解決策を提供しました。

CHMK model.jpg

同様のケーススタディ

その他のケーススタディ