AnyLogicでキャパシティー分析

AnyLogicでキャパシティー分析

米国西海岸最大の新造船所として、ゼネラル・ダイナミックスNASSCOは、米国の海軍および商用顧客向けの船舶のデザインおよび造船におけるマーケット・リーダーです。米国の造船業でこの強い存在を維持するために重要な役割を果たすのは、NASSCOのプリプロダクションプランニング(pre-production planning)と分析です。毎年、造船所では何十万もの部品が流通しますが、伝統的なスプレッド・シート分析法では限りがあります。1 片の鉄鋼から何百トンもある完全装備の甲板室、労働者、機械類、またNASSCOの全面的な造船処理能力およびキャパシティーを管理します。

LSMSe.JPG
NASSCOは、現在の生産と可能性のある仕事の両方に関して、きわめて詳細でかつ正確なキャパシティー分析を提供するためにThe Large Scale Computer Simulation Modeling System for Shipbuilding (LSMSe)と呼ばれる特注の分析システムを利用しました。4年間にわたり開発されたLSMSeは次のものを含んでいます:

LSMSeの実装で、以前のスプレッド・シート分析と比較して、NASSCOの労務費を75%縮小しました。さらに大きなインパクトは、統合造船システムを介してボトルネックを識別し除去することが達成されました。造船所を横切った最適の労働任務および分析結果の実装で数百万ドルを潜在的に節約し、適切な資本投資で生産要求を満たす"right-size"な造船設備を開発します。

AnyLogicのモデル製作言語であるJAVAプログラミングおよびオブジェクト指向のアプローチは、LSMSeの設計目標を達成するのに大変役立ちました。メンテナンス容易性および将来性のある基準のフレームワークの提供と同様に、各分析シナリオに定義された何十万ものエンティティとリソースをモデル化しシミュレートするプログラミング能力をサポートします。

General Dynamics: Capacity Analysis with AnyLogic.pdf (221.61 KB)

同様のケーススタディ

その他のケーススタディ