半導体サプライ・チェーンにおけるブルウィップ効果/Bullwhip Effect(需要予測)

半導体サプライ・チェーンにおけるブルウィップ効果/Bullwhip Effect(需要予測)

大手 半導体メーカーのインフィニオン社のサプラィチェーン管理は、経費削減を達成するために、マーケットのブルウィップ効果を調査し、マーケット動向を予測し、原材料から市場までのサプライ・チェーンのモデル構築するためにAnyLogicソフトウェアを利用しました。

問題点:

半導体サプライ・チェーン需要予測ブルウィップ効果は需要の変化に応じて在庫品の変動を表します。 需要は、完成品の段階よりもサプライ・チェーンの半導体生産の段階でさらに変動します。半導体産業は外部の問題に非常に影響を受けやすいと言えます。インフィ二オン・サプライ・チェーン導入チームは以下を調査しました:

Semiconductor Supply Chain Demand Fluctuation

解決策:

モデラーは、サプライ・チェーン中の主要な企業各社のエージェントを作り、有名なビール分布ゲーム ("Beer Distribution Game") に基づいた振る舞いをそれらに与えました。品物は原料サプライヤーから半導体メーカー(インフィニオン)、階層1(Tier1)と階層2(Tier2)サプライヤー、OEM(最終メーカー)、市場(Customer)の順で流れました。また、情報とその注文情報は、それを遡りました。モデラーは入力信号として実際のGDPと半導体市場データを使用しました。最後に、彼らは、インフィニオンの単純化された内部構造を再作成しました。インフィニオン・エージェントは二つの部分に分離されました:

エージェント、インフィニオンおよび市場は非常に現実的な構造でハイブリッドモデルを組み合わせたディスクリート・イベント・シミュレーション方法論で結合されました。

半導体メーカー(インフィ二オン)以外のエージェントはみな同一にモデル化されました。:

  1. エージェントは一般的な出力(情報フローはサプライ・チェーンで遅延)を生成。
  2. エージェントは在庫量の判断として、不安(Anxious)と不注意(Careless)の二つの状態がある。:
    • 不安の時は過剰注文(要求の+20%)
    • 不注意では過少注文(要求の-50%)

結果:

ブルウィップ効果でサプライ・チェーンでのエージェントの代表的な振る舞いを再現することができました。

モデル:

AnyLogicソフトウェアはインフィ二オン社のサプライ・チェーン・イノベーション・チームで利用されました。本モデルを作成したスペシャリストはシミュレーション・ソフトウェアまたはプログラミングに精通していないにも関わらず、必要な知識はAnyLogicチュートリアルから習得しました。彼らは、エージェント・ベースおよびディスクリート・イベントモデリング手法の組合せが可能なAnyLogicを選択しました。インフィ二オン・チームは、二つの方法論を組み合わせ可能な能力が、その使いやすさに加えて、ソフトウェアの主な利点であると考えました。

AnyLogicコンファレンス2012でのインフィニオンのハンス・イーム氏によるプロジェクト紹介をご覧ください。あるいは プレゼンテーションをダウンロードしてください:

同様のケーススタディ

その他のケーススタディ