生産計画の効率を最大化

生産計画用のファイルの画像

生産計画は、短期的な製造作業の詳細な計画を通じて生産効率を最大化するプロセスです。在庫切れの防止、ボトルネックの特定、生産と需要の一致、ワークステーション間のインプットとアウトプットのバランスを取ることを目的としています。

製造業と経済状況はますます複雑かつ不安定になっており、その結果、混乱に直面すると従来の生産計画方法は効果がなくなりつつあります。

従来の生産計画方法の例としては Excel がありますが、プロセスのデジタル化が進み、スマートファクトリーおよびスマートオペレーションへの移行が進むにつれ、この方法は時間がかかることが判明しています。さらに、生成される情報が増えるにつれて、クラッシュやデータ損失のリスクが増加します。

AnyLogic は、シミュレーション モデルを IT システムと統合し、生産計画に使用できるため、古い生産計画方法よりも優れたパフォーマンスを発揮します。また、強力なグラフィカル インターフェイスを使用して生産計画を提供し、リアルタイムのワークロードを視覚的に最適化することもできます。ソフトウェアはパターンを自動的に識別し、手動でデータを作成した場合には不明瞭だった詳細な計画を作り出すことができます。

AnyLogic は、エンタープライズ リソース プランニング (ERP) または製造リソース プランニング (MRP) ソフトウェアと統合することもできるため、すべてのツールにわたってデータを自動的に更新できます。

生産計画は、建設から製薬に至るまで、あらゆる業界において重要な要素です。ここでは、さまざまな業界のいくつかの事例を使用して、AnyLogic を使用した効果的な生産計画がどのようにビジネス内の改善につながったのかを見てみましょう。

製造業

スチールワイヤー

大手鉄鋼メーカーはスプレッドシートを使用して手動で生産計画を作成していましたが、これは効果的ではなく、全体的な生産性が低下していました。この状況を好転させ、バランスの取れた生産スケジュールで適切な需要予測を行うために、彼らは Eurystic にモデル作成を依頼しました。

Eurystic は、SAP と AnyLogic ソフトウェアを使用して、この鉄鋼製造プロセスにおけるすべての異なるコンポーネント間の相互作用を示すモデル (リアルタイムで実行可能) を作成しました。

その結果、同社は 10% の大幅な生産増加を達成しました。シミュレーション結果は、同社がさまざまな分野に関する貴重な洞察を得るのにも役立ち、既存のプロセスを最適化することができました。

この事例について詳しく読む→

製造と生産計画に関連する他の興味深い事例には、 ペットフードの生産製造のためのより良い意思決定造船所の能力分析などがあります。

ヘルスケア

あるバイオテクノロジーのスタートアップ企業は、データに基づいた医薬品製造シミュレーションを実施して、不明確な製造プロセスと生産計画を最適化したいと考えていました。

Princeton Consultant は、将来の大量生産製造環境をテストし、ボトルネックを特定するための医薬品製造シミュレーション モデルの開発依頼を受けました。

処理の失敗を防ぐために保存する必要がある同じ希少なリソースを使用して複数の製品が同時に製造されるため、生産スケジュールは複雑でした。

AnyLogic ソフトウェアは、シナリオの評価と比較を容易にするカスタマイズ可能な実験フレームワークが組み込まれているため、モデル開発に採用されました。シミュレーションにより、一定期間に処理できる注文の数と、それらの注文を完了するのに推奨される時間が決定されました。その結果、過剰な残業や人員過剰を発生させずにオペレーターを最大限に活用するための、定義された生産計画 ポリシーが開発されました。

この事例について詳しく読む→

ヘルスケアと生産スケジュールに関連する他の興味深いケースには、 ワクチン製造業者のサプライ チェーン計画医薬品サプライ チェーンなどがあります。

ヘルスケア生産計画

マイニング

建設や採掘は非常に複雑なプロセスであり、多くの要素を考慮する必要があります。その結果、専門家は生産計画を作成する際に困難に直面することになります。

通常、地下建設プロジェクトはガント チャートで管理されますが、どのプロジェクトにも不確実性があるため、IBCON は AnyLogic シミュレーションモデリングソフトウェアを使用して、地下採掘作業の新しい生産計画を作成する必要がありました。

鉱業生産

モデルを実験した結果、開発者は作業計画に使用できるイベントのタイミングを記録したログを作成しました。エンジニアは、イベントの変化に応じてモデルデータを更新し、モデルを再度実行し、それに応じて作業スケジュールを調整することもできます。

同時に、IBCON は鉱石鉱山での砕石の採取と輸送のシミュレーション モデルも構築しました。これにより、エンジニアは地下工事全期間のプロジェクトスケジュール、毎日の作業計画を含む月次スケジュール、およびサイクログラムを作成できるようになりました。

AnyLogic モデルは、さまざまな要因がプロジェクトの初期スケジュールと比較して所要時間にどのような影響を与えるかを分析するためにも使用されました。

アクティビティを理解して予測する機能は、生産スケジュールの管理を支援する強力なサポート ツールです。

この事例について詳しく読む→

おわりに

これらは、遅延、不必要な無駄、または潜在的な中断を最小限に抑えながら最大限の効率を確保するために、製造プロセス フローを最適化するために生産計画がいかに重要であるかを示す事例のほんの一部です。実稼働スケジュールを使用することにより、組織は最も効率的な方法で特定の時間枠内でリソースを割り当てることができます。

サプライチェーン管理、石油・ガス産業、および運輸などの他の分野でも多くの用途があります。詳細は、当社の Web サイトで生産計画(Production scheduling)を検索してください


毎月のニュースレターを購読していただくと、最新のブログ投稿を直接お届けします。

関連記事