ハウツービデオ:マルチレベル施設のシミュレーション

Simulating multilevel facilities

AnyLogicはバージョン8.5以降、マルチレベルモデル(複数階層)シミュレーションをサポートしています。 この機能により、高層ビル、コンベヤ、さらにはクルーズライナーのモデリングが簡単に出来るようになりました。 オブジェクトのマルチレベルのビューを維持し、シミュレートされたレベルとそのコンテンツを個別に処理できます。

この短いビデオガイドから、次の方法を学びます:

  • マルチレベルオブジェクトのモデルを作る
  • レベル間のコンベヤ動作を調節する
  • エレベーターでレベルを接続する

さらに学習するにはAnyLogicのサンプルモデル内の、Material Handling in Hospital モデルの学習をお勧めします。ビデオで学習した後に、本モデル修正して、独自のマルチレベル施設シミュレーションに挑戦してください。字幕付きのビデオ。



ビデオモデルは、専用の製造シミュレーションツールキットであるAnyLogicマテリアルハンドリングライブラリの要素を使用します。 Help sectionのステップバイステップのチュートリアルからその機能について学ぶことができます。また、 コンベヤ、産業用ロボット、その他の機器を使用した産業用モデルの構築ができます:

  • コンベアライン、産業用クレーン、処理および組立ステーションのシミュレーション
  • オブジェクトアニメーションの設定
  • 顧客フローチャートの作成と構成
  • オブジェクトの色を動的に変化させる

製造シミュレーションのライブラリ詳細については、英語版のウェビナーをご参照ください。


関連記事