電気自動車:可能性と計画

シミュレーションモデリングを使用した車両電化の課題と機会に対処する方法

商用車、地方自治体車、および自家用車の電化は現在、急速に進んでいます。ロンドン市とノルウェーは、3年足らずで、内燃機関車の販売を段階的に廃止することを目標としています。2030年までに、世界中の多くの国が同様の計画をしています。商業組織と公的組織は、この重要な変化の時期をスムーズにナビゲートし、その機会を最大限に活用するために、洞察と情報に基づいた計画を策定する必要があります。

自動車産業の急速な変化

2021年の国連気候変動会議で、政府と世界の自動車業界のリーダーの連合であるCOP26は、パリ協定の目標を達成するために、2040年までに100%ゼロエミッションの新車、バン、HGVの販売に取り組むことを表明しました。ブルームバーグの分析 [PDF]では、世界の自動車市場の3分の1が2035年までにゼロエミッションになり、2021年の電気自動車販売台数はすでに80%増加して560万台に達しており、世界の販売台数の7%を超えていることを示しています。

国および地域のICE車両の段階的廃止目標に対する各国政府の取り組みを示すマップ
国および地域の内燃機関車の段階的廃止目標に対する取り組み。 出典:BloombergNEF。

ゼロエミッション車への移行によって引き起こされた自動車部門の変化も、より広範囲に渡っています。McKinseyは、自動車の未来が電気である理由についての記事で、e-モビリティの必然性を認識するだけではありません。それは、サプライチェーン、エネルギー部門、および社会などの他の部門においても、車両電化による混乱を指摘しています。

電気自動車への移行を管理する方法

洞察と計画は、変更を管理する上で重要な要素です。分析に利用できるメトリックとデータが多いほど、より多くの情報に基づいた意思決定が可能になります。シミュレーションモデリングは、既存のシステムを分析し、将来の動作を予測するための重要なテクノロジーであり、自動車業界にとって理想的な意思決定支援ツールです。

AnyLogicは、エージェントベース、離散イベント、およびシステムダイナミクスモデリングの組み合わせが可能な、マルチメソッドシミュレーションモデリングツールです。このマルチメソッド機能は、マクロトレンド、詳細、および目に見えない相互接続をシームレスにキャプチャできることを意味します。

多くの組織はすでにAnyLogicを使用して、電気自動車に関連するソリューションを研究および開発しています。ここでは、さまざまなケーススタディと調査報告を収集しました:

ケーススタディ


研究


シミュレーションモデリングは、車両とそのルーティングに関連する問題を超えて、SkoltechのKatalevskyとRANEPAのGareevが電気道路輸送の開発 [PDF]に関する論文で、地域経済に対する車両電化の影響を調べる方法を提供しています。

他の研究では、CGI ConsultingのSjors Hijgenaarが、どのように電気自動車がスマートパワーグリッドへの移行を推進するかを調べました。

車両電動化の傾向を分析する可能性は幅広く、シミュレーションモデリングによって異なります。AnyLogic Cloudは、以下のPark and Chargeモデルや、ZEnMoシミュレーションのNaud LoomansとPeter Hoegeveenによる多くの例(セット1セット2)など、自分で試すための多数のシミュレーションモデルをホストしています。

駐車および充電電気自動車シミュレーションモデル


関連記事