Coca-Cola HBCのanyLogistixによるサプライチェーン最適化

Coca-Cola HBCのanyLogistixによるサプライチェーン最適化

Coca-Cola HBCのサプライチェーンは複雑で、輸送費と保管費が変動し、季節的な需要変動もあります。この複雑さは、効果的な分析を妨げ、コスト削減の可能性を妨げていました。

経営陣は、下記の主要な課題を解決するのに役立つシミュレーションソリューションを必要としていました:

  • ネットワークをより理解しやすく
  • 仮説のテスト支援
  • 意思決定をサポート

Coca-Cola HBCは、商品の移動と処理コストを削減するために必要なサプライチェーンモデル開発のためNFP Consultingと契約しました。

開発チームは、サプライチェーン設計と分析にanyLogistixソフトウェアを選択しました。これは、詳細なシミュレーションとロジスティクスの最適化に適していると判断したためです。anyLogistixソフトウェアは、AnyLogicと同様に革新的な製品で、エンドツーエンドのサプライチェーン分析に特化した強力な分析最適化アプローチを提供します。

プロジェクトは、現在のネットワークのパフォーマンスデータとメトリックに基づいたコンセプトサプライチェーンシミュレーションの開発から始まりました。これにより、サプライチェーンモデル開発の範囲が定義され、プロジェクトはプロトタイピングフェーズに移行しました。このフェーズでは、限られたデータに基づいてテストが実行されました。テスト結果に基づいて、チームはモデルを検証し、リスクを評価することができました。

開発の最終段階では、サプライチェーンモデルは、ルーティング、フリートの可用性、および負荷容量を考慮して、200,000クライアントのサプライチェーンに拡張されました。この結果、anyLogistixモデルの実験で、経済的に非効率的なルートを除外し、車両とその積載に関して適切なルートをより適切に最適化することが可能になりました。

開発者はサプライチェーンモデルを使用して、次の5つの主要なビジネス課題に取り組みました:

  • 生産戦略の選択
  • サプライチェーンマスタープラン
  • 倉庫の場所
  • ラストマイルデリバリー戦略
  • 安全在庫計算

プロジェクトで作成された、Coca-Cola HBCのマネージャー向けのサプライチェーン意思決定支援システムは、サプライチェーンを管理し、さまざまな計画期間での実験を可能にし、さらにロジスティクスと生産仮説をテストし、配送マネージャーの意思決定をサポートすることができました。


ケーススタディを読む

関連記事