未来を味わう: シミュレーションを通じてレストランの運営を変革する

テーブルの予約サイン

レストラン業界は競争が激しく、オーナーは業務を合理化し、顧客体験を向上させ、収益性を高める方法を常に模索しています。シミュレーション モデルは、これらの目標を追求するのに役立つリソースの 1 つです。シミュレーション モデリングを使用して、将来の飲食店のモデルや実際のレストラン運営のデジタルツインを作成することで、レストランのプロセスを最適化する方法に革命を起こすことができます。

このブログ投稿では、レストランや同様の施設におけるシミュレーション モデルの役割と、それがテーブルにもたらす利点について説明します。それでは、レストラン ビジネスを支援するための 6 つの方法を見ていきましょう。

キャパシティ プランニング

消費者の需要を満たすために、シミュレーション を利用して、キッチン機器、テーブル、椅子の理想的な数量を決定できます。また、マネージャーは、テーブルのサイズ、顧客の好み、回転率などのさまざまな側面をシミュレーションすることで、ボトルネックを特定し、スムーズな運営を維持するために調整を行うことができます。

シミュレーション モデリングを使用して座席レイアウトの最適化を試みたファスト カジュアル チェーンを例に、考えてみましょう。テーブルのサイズ、顧客の流れ、回転率などの変数を入力することで、最も効率的なダイニング エリアのレイアウトを決定できます。その結果、エリアがより効率的に使用され、スタッフの移動が容易になり、ダイニング体験が向上します。このモデルの鍵となるのが、AnyLogic Pedestrian Libraryで、キャパシティとスループットを評価し、ボトルネックを見つけて排除するために使用できます。

メニューの最適化

メニューの変更が消費者の需要、平均単価および、収益性にどのような影響を与えるかを判断するために、シミュレーションを使用できます。マネージャーは、代替メニューの選択と価格設定方法をシミュレーションすることで、何をどの価格で提供するかを決定できます。これにより、管理者は顧客満足度と全体的な収益性を向上できる可能性があります。

都会にあるマクドナルドのドライブスルーレストラン

たとえば、レストランが新しいメニュー項目を導入したいと考えています。オーナーは、材料費、準備時間、顧客の需要パターンなどの要素をシミュレーション モデルに入力できます。このモデルは、顧客の好みの変更や生産能力の調整など、さまざまなシナリオをシミュレートできます。これらのシミュレーションに基づいて、レストランのオーナーはキッチンのワークフロー、スタッフの要件、収益性への潜在的な影響を評価できます。

マクドナルドもそのようなレストランの 1 つであり、とりわけメニューの面でいくつかの興味深い課題に直面していましたが、物流会社 HAVI と協力することで、これらの課題をなんとか克服しました。

待ち行列管理

レストランのマネージャーは、シミュレーション モデリングを通じて、さまざまなレイアウトや待ち行列管理などのさまざまなシナリオを試し、顧客の待ち時間を短縮できます。このモデルは、顧客の到着とサービス時間に関する履歴データを分析することにより、ピーク時に必要なレジやサービス ステーションの理想的な数を決定できます。また、セルフサービスキオスクの設置やモバイルオーダーの導入など、さまざまな待ち行列管理戦略が待ち時間の短縮や顧客満足度の向上に与える影響も評価できます。

たとえば、近所のレストランでは、ランチ サービスを強化するためにシミュレーション モデルを使用できます。過去のデータを研究し、さまざまな状況をモデル化することで、レジとステーションの理想的な数を決定し、待ち時間を短縮し、顧客にシームレスな食事体験を保証できる可能性があります。

スタッフのスケジュール調整

需要パターンが変動するため、スタッフのスケジュールを最適化することは困難な場合があります。マネージャーはシミュレーション モデリングを使用して、顧客の流れ、食事の準備時間、作業負荷の分散などの変数を考慮して、1 日、週、または年間のさまざまな時間帯に必要なスタッフ メンバーの数を見積もることができます。これにより、レストランに適切なスタッフを配置し、長い待ち時間や閑散期のスタッフ過剰を回避することができます。

ドミノ・ピザは、新しい店舗レイアウトを作成する際、これらのレイアウトに適切な量の労働力を確保するという課題にも直面しました。


左側に人員不足のモデルのレストラン、右側に人員過剰のモデルのレストラン

ドミノ・レストランの人員不足と人員過剰

サプライチェーン管理

シミュレーションは、食材の遅れなどの混乱がレストランやフード チェーンの運営全体に及ぼす影響を評価することで、サプライ チェーンの最適化に役立ちます。これにより、管理者はさまざまなシナリオをテストし、リスクを軽減する戦略を特定できます。

外食産業の円滑な運営を維持するには、効率的なサプライチェーン管理が不可欠です。シミュレーション モデリングは、サプライヤーからの食材の流れ、輸送時間、注文数量をモデル化することで、レストランとサプライ チェーンを最適化するのに役立ちます。配送リードタイムや在庫管理などの変数を正確に評価することで、レストランは改善すべき領域を特定し、コストを削減し、高品質の食材を安定的に供給することができます。

ファーム・トゥ・テーブルのレストランのネットワークがシミュレーション を使用してコストを削減し、新鮮な食材の安定した供給を保証したと仮定します。食材の発注数量と配送スケジュールのバリエーションをシミュレートすることで、サプライ チェーンを最適化し、無駄を削減し、料理の品質を向上させることができます。

AnyLogic によって開発された、サプライ チェーンとネットワーク管理の必要性について、このビール (アルコールまたはノンアルコール) 流通ゲームをご覧ください。このモデルを使用して、コストを最小限に抑えましょう。


ビール流通ゲーム (ソースファイルあり)

新コンセプトの評価

最後に、新しいレストランへの投資や既存レストランの拡張等の案件について、シミュレーションモデルを使用して、実現可能性と収益性を評価でき、事業主はより適切な情報に基づいた意思決定を行うことができます。

カフェが営業時間延長の影響を評価するためにシミュレーション モデルを使用したと想定してください。特定の時間帯の顧客の流れに関するデータを入力し、関連するコストを評価することで、情報に基づいて営業時間を延長する決定を下すことができ、その結果、オフピーク時の収益が増加しました。

レストラン業界のための強力なツール

レストラン業界におけるシミュレーション モデリングの導入は、運営の最適化と意思決定における根本的な変化を表しています。人員配置の効率性や待ち行列管理の改善から、メニューの提供や価格戦略の改善に至るまで、シミュレーション により、レストランオーナーは収益性と顧客満足度を同時に向上させるデータに基づいた意思決定を行うことができます。

シミュレーション の力を活用することで、レストランは競争の激しい業界で優位を保ち、進化し続ける市場で継続的な成功と成長を確保できます。


AnyLogic ブログ投稿や今月のモデルに関する最新情報を入手するには、毎月のニュースレターの購読をおすすめします。

関連記事