ブログ

良いものから優れたものへ:AnyLogicモデリングのマスタークラス


良いものから優れたものへ:AnyLogicモデリングのマスタークラス

良いAnyLogicシミュレーションモデラーから優れたシミュレーションモデラーへの移行方法は、Dr. Benjamin Schumannによるマスタークラスワークショップの焦点でした。AnyLogicのグローバル会議で紹介され、現在オンラインで共有されているこのワークショップは、高度なシミュレーションモデリングをレベルアップして実践する方法についての最新ガイドです。

ハウツービデオ:CAD図面の壁を変換する


ハウツービデオ:CAD図面の壁を変換する

CAD図面の壁を、AnyLogicシミュレーションモデルの壁に簡単に変換する方法をご紹介するハウツービデオです。

このビデオでは、CADファイルからAnyLogicモデル内の壁をすばやく作成する方法を学習します。この方法は、歩行者シミュレーション用のモデルの作成に効果を発揮します。ビデオで詳細をご覧ください...

マテリアルハンドリング開発のプレビューと業界デモ


マテリアルハンドリング開発のプレビューと業界デモ

MaxRad Softwareのシミュレーションエキスパートが主催するAnyLogic User Experienceオンラインセッションでは、複数の業界にわたるAnyLogicシミュレーションアプリケーションをご紹介しました。セッションで発表されたビジネスケースの中には、倉庫運用とマテリアルハンドリングに関連するプロジェクトがありました。

クラウドシミュレーションモデル実行プラットフォーム – AnyLogic Cloudリリース


クラウドシミュレーションモデル実行プラットフォーム – AnyLogic Cloudリリース

AnyLogic Cloudバージョン2.2.xは、AnyLogic 8で開発したシミュレーションモデルの管理と実行のための統合環境を提供します。このリリースで追加された新機能は、シミュレーションのアクセシビリティ、セキュリティ、及びパフォーマンスの向上等があります。

このブログ投稿では、シミュレーションモデルがAnyLogic Cloudによってどのように管理されているかをご紹介し、現在の2.2.2リリースまでのさまざまな新機能に焦点を当てます。

AnyLogicウェビナー:マテリアルハンドリングライブラリの使用法


AnyLogicウェビナー:マテリアルハンドリングライブラリの使用法

2020年10月16日、日本語のウェビナーを初開催いたしました。ウェビナーでは、AnyLogic社マテリアルハンドリングライブラリ開発チームの責任者であるAnastasiia Zhiliaevaと代理店であるテックサポートマネメント有限会社の営業と技術者が参加し、AnyLogicシミュレーション機能概要、製造施設でのマテリアルハンドリングプロセスのモデル構築方法、及び作成したシミュレーションモデルを実行する環境を提供するAnyLogicクラウドコンピューティング機能の利点についてご紹介いたしました。

ウェビナーのビデオをご覧いただければ幸いです。また、ウェビナーで作成したモデル(モデルソースファイルをダウンロード可能)をダウンロードしてお試しください。

AnyLogicとMicrosoft Project Bonsaiによる深層強化学習


AnyLogicとMicrosoft Project Bonsaiによる深層強化学習

Microsoft Project Bonsaiを使用すると、AIのバックグラウンドがない専門家でも、専門知識を活用してAIエージェントを指導し、実際のビジネス上の問題を解決できます。 Project BonsaiとAnyLogicシミュレーションを使用するための主要な概念とワークフローを紹介する、ウェビナーと付随するリソース情報を以下に示します。

このウェビナーは、AnyLogicとMicrosoftが提携して 、ビジネスアプリケーションに深層強化学習と機械教育をもたらす内容となっています。Microsoft Project Bonsaiチームの主任プログラムマネージャーであるDavid CoeとAnyLogic AIプログラムリーダーのArash Mahdaviが、シミュレーションを使用してAIをトレーニングし、シミュレーションでAI制御を実装するためのエンドツーエンドのワークフローを実証します。

ハウツービデオ:簡潔なプロセスフローチャートの作成


ハウツービデオ:簡潔なプロセスフローチャートの作成

このビデオでは、プロセスフローチャートをシンプルかつ明確に作成する方法を示します。

ビデオに従って、カスタムブロックの作成方法を学びます。 これらは、モデルロジックの明確化に役立つだけでなく、モデリングプロセスの高速化にも役立ちます。

こビデオには日本語の字幕があります。