ブログ

クラウドシミュレーションモデル実行プラットフォーム – AnyLogic Cloudリリース


クラウドシミュレーションモデル実行プラットフォーム – AnyLogic Cloudリリース

AnyLogic Cloudバージョン2.2.xは、AnyLogic 8で開発したシミュレーションモデルの管理と実行のための統合環境を提供します。このリリースで追加された新機能は、シミュレーションのアクセシビリティ、セキュリティ、及びパフォーマンスの向上等があります。

このブログ投稿では、シミュレーションモデルがAnyLogic Cloudによってどのように管理されているかをご紹介し、現在の2.2.2リリースまでのさまざまな新機能に焦点を当てます。

WinterSim 2020においてAnyLogic 9初公開


WinterSim 2020においてAnyLogic 9初公開

2020年12月14日~18日まで、シミュレーションを専門とする最大の専門家会議であるWinterSim-2020に参加しました。本会議は、ビジネスと科学分野でのシミュレーションモデリングをどのように有効利用するかを発表します。また、各ソフトウェア会社はシミュレーションモデリング製品の最新版を紹介します。

今年の主なプレゼンテーションは、来年リリースを予定しているAnyLogic9.0に関するもので、多くの重要なアップデートが含まれています。

AnyLogic 8.7 リリース: ソーシャルディスタンスとブリッジクレーンなどの機能を追加


AnyLogic 8.7 リリース: ソーシャルディスタンスとブリッジクレーンなどの機能を追加

様々なビジネスシーンで利用できるシミュレーションツールAnyLogic 8.7をリリースしました。すでに当社のウェブサイトからダウンロードできます。

アニメーションパフォーマンスの向上及びAIを利用したモデルの実験をサポートします。また、2Dおよび3Dアニメーションパフォーマンスが向上し、より高速かつスムーズに動作するようになりました。

Webベースのシミュレーションモデルを作成する方法


Webベースのシミュレーションモデルを作成する方法

多くのAnyLogic ユーザーはAnyLogicクラウドとそのインターフェースに精通していますが、独自のインターフェースを作成できることをご存知ですか?AnyLogic Cloud APIを使用することで、カスタムWebベースのユーザーインターフェイス(UI)を作成できます。

ここでは、その詳細を詳しく見ていき、設定の例を提供します。