ブログ

AnyLogic Cloud 2.4.1 – ユーザー エクスペリエンス、パフォーマンス、およびセキュリティの向上


AnyLogic Cloud 2.4.1 – ユーザー エクスペリエンス、パフォーマンス、およびセキュリティの向上

AnyLogic Cloud 2.4.1 の最新アップデートは、新しい診断ツール、改善された散布図、および強化されたセキュリティによる合理化されたモデリング エクスペリエンスを提供します。AnyLogic がどのように革新を続け、効率的なシミュレーションとユーザー満足度を向上させているかをご覧ください。

AnyLogic Cloud 2.4.0 – 最適化実験


AnyLogic Cloud 2.4.0 – 最適化実験

AnyLogic Cloud の最新のアップデートで、最適化実験がサポートされました。この実験タイプは最も複雑なものの 1 つであり、このブログ投稿の焦点となります。最適化実験用の AnyLogic 8 モデルを準備し、AnyLogic Cloud にエクスポート、最適化実験の設計、実験の実行、そして結果の処理をすべて AnyLogic Cloud 上で行う方法をご紹介します。

AnyLogic 8.8.5 – 大規模シミュレーション プロジェクト向けの機能強化


AnyLogic 8.8.5 – 大規模シミュレーション プロジェクト向けの機能強化

現実世界の施設を厳密に反映したシミュレーションを構築するには、大規模なネットワークの作成が必要になる場合があります。これらは、通常、港、ターミナル、倉庫、工場などで見られる複雑な内部物流システムです。AnyLogic 8.8.5 では、このようなプロジェクトでの作業がより高速かつスムーズになりました。

AnyLogic Cloud 2.3.3 – 主要なリリースに先立ち小規模な改善が実施されました


AnyLogic Cloud 2.3.3 – 主要なリリースに先立ち小規模な改善が実施されました

AnyLogic Cloud 2.3.3 の主な改善点は、実験ダッシュボード のグラフなどです。散布図はモデルの入出力依存関係に使用でき、平均値と誤差ボックスは反復実験の変動に追加され、時間または日付のラベルを付けることができます。また、特定の時間単位を選択でき、ボックス プロットは平均値を示します。タイムカラー チャートでは検証と色の割り当てが向上しています。詳細については、ブログ投稿をご覧ください。