ブログ

ソーラーパネル生産:マテリアルハンドリングライブラリの使用方法(パート3)


ソーラーパネル生産:マテリアルハンドリングライブラリの使用方法(パート3)

マテリアルハンドリングライブラリはAnyLogicの主要な部分であり、この「ハウツー」はライブラリの使用方法を説明します。 これはシリーズの3番目です。最初の2シリーズは、ライブラリの基本的な機能説明、およびコンベアと輸送車(AGV)のモデリング方法でした。

ソーラーパネル生産ラインモデルを使用して、Station要素の使用方法を学習します。

クレーン:マテリアルハンドリングライブラリの使用方法(パート4)


クレーン:マテリアルハンドリングライブラリの使用方法(パート4)

AnyLogic8.4のアップデートには、いくつかの重要なアップデートが含まれています。その一つは、マテリアルハンドリングライブラリ関連です。新しいスペースマークアップCraneが追加されました。

ここでは、サンプルモデルのMoveByCraneとJib Cranes at Press Shopを使用して、新しい部品の使用方法を説明します。Let's go!

ハウツービデオ:簡潔なプロセスフローチャートの作成


ハウツービデオ:簡潔なプロセスフローチャートの作成

このビデオでは、プロセスフローチャートをシンプルかつ明確に作成する方法を示します。

ビデオに従って、カスタムブロックの作成方法を学びます。 これらは、モデルロジックの明確化に役立つだけでなく、モデリングプロセスの高速化にも役立ちます。

こビデオには日本語の字幕があります。

AGVs and transporters – Learning the Material Handling Library (part 2)


AGVs and transporters – Learning the Material Handling Library (part 2)

AnyLogic 8.3 brought with it the Material Handling Library and, to teach you how to work with it, we launched a series of feature articles on the blog. They describe, with examples from real production, the main functions of the library and its components.

Following part 1, which focused on conveyors, this blog is about other ways to move goods — transporters. These include forklifts, as well as robotic and mechanical carts — automated guided vehicles (AGV).

How to take GIS data offline in AnyLogic


How to take GIS data offline in AnyLogic

Use GIS mapping and routing data when offline. Here is a how-to that shows how simulation models can run standalone and work when internet access is restricted, slow, or not possible at all. All the data needed can be downloaded and stored for AnyLogic to access offline.

This video demonstrates how to download GIS data for your simulation, including how to avoid large file sizes. The video also details file storage and how AnyLogic is configured to work with offline GIS data. Watch the video...