ブログ

AnyLogic Cloud 2.4.1 – ユーザー エクスペリエンス、パフォーマンス、およびセキュリティの向上


AnyLogic Cloud 2.4.1 – ユーザー エクスペリエンス、パフォーマンス、およびセキュリティの向上

AnyLogic Cloud 2.4.1 の最新アップデートは、新しい診断ツール、改善された散布図、および強化されたセキュリティによる合理化されたモデリング エクスペリエンスを提供します。AnyLogic がどのように革新を続け、効率的なシミュレーションとユーザー満足度を向上させているかをご覧ください。

AnyLogic Cloud 2.4.0 – 最適化実験


AnyLogic Cloud 2.4.0 – 最適化実験

AnyLogic Cloud の最新のアップデートで、最適化実験がサポートされました。この実験タイプは最も複雑なものの 1 つであり、このブログ投稿の焦点となります。最適化実験用の AnyLogic 8 モデルを準備し、AnyLogic Cloud にエクスポート、最適化実験の設計、実験の実行、そして結果の処理をすべて AnyLogic Cloud 上で行う方法をご紹介します。

AnyLogic Cloud 2.3.3 – 主要なリリースに先立ち小規模な改善が実施されました


AnyLogic Cloud 2.3.3 – 主要なリリースに先立ち小規模な改善が実施されました

AnyLogic Cloud 2.3.3 の主な改善点は、実験ダッシュボード のグラフなどです。散布図はモデルの入出力依存関係に使用でき、平均値と誤差ボックスは反復実験の変動に追加され、時間または日付のラベルを付けることができます。また、特定の時間単位を選択でき、ボックス プロットは平均値を示します。タイムカラー チャートでは検証と色の割り当てが向上しています。詳細については、ブログ投稿をご覧ください。

最悪の事態に備える: コミュニティが自然災害に備えるためにシミュレーションがどのように役立つか


最悪の事態に備える: コミュニティが自然災害に備えるためにシミュレーションがどのように役立つか

自然災害が頻発する中、まず災害がどのように展開するかを予測し、その影響と広がりに備える必要性が高まっています。災害計画シミュレーションは、これを行う大きな可能性を秘めています。自然災害の影響を軽減するための意思決定ツール開発と使用方法について、このブログ記事をご参照ください。

AnyLogicとAnyLogic CloudのMHL、API、及びUIなどの更新情報


AnyLogicとAnyLogic CloudのMHL、API、及びUIなどの更新情報

AnyLogicとAnyLogic Cloudのアップデートがリリースされました。このブログでは、いくつかの改善点をご紹介します。

AnyLogicでは、マテリアルハンドリングライブラリに新しいラック機能を追加、AnyLogic Cloudでは、エクスポートされたモデルにファイル出力機能を追加しました。AnyLogic Cloudでは、エンタープライズ機能を追加し、ユーザーエクスペリエンスを改善し、セキュリティを強化しました!

AnyLogic Cloudの使用方法:5つの典型的なシナリオ


AnyLogic Cloudの使用方法:5つの典型的なシナリオ

2017年にAnyLogic Cloudを一般公開しました。約10,000人のモデラーのユーザーベースを持ち、シミュレーションで働く人々にとって最大のパブリックオンラインプラットフォームになりました。

サービスのパブリックバージョンは誰でも利用でき、モデルの共有や実験を実行できます。モデルの実験結果はオンラインで共有し、ブラウザで実行できます。このプラットフォームは、クラウドコンピューティングの利点を最大限に活用しています:複雑なモデルの実験は、通常のお手元のコンピューターよりも高速に実行され、アニメーションの品質はお客様のPC能力に依存します。