ブログ

Webベースのシミュレーションモデルを作成する方法


Webベースのシミュレーションモデルを作成する方法

多くのAnyLogic ユーザーはAnyLogicクラウドとそのインターフェースに精通していますが、独自のインターフェースを作成できることをご存知ですか?AnyLogic Cloud APIを使用することで、カスタムWebベースのユーザーインターフェイス(UI)を作成できます。

ここでは、その詳細を詳しく見ていき、設定の例を提供します。

クレーン:マテリアルハンドリングライブラリの使用方法(パート4)


クレーン:マテリアルハンドリングライブラリの使用方法(パート4)

AnyLogic8.4のアップデートには、いくつかの重要なアップデートが含まれています。その一つは、マテリアルハンドリングライブラリ関連です。新しいスペースマークアップCraneが追加されました。

ここでは、サンプルモデルのMoveByCraneとJib Cranes at Press Shopを使用して、新しい部品の使用方法を説明します。Let's go!

中国で広まったコロナウイルスへの初期の洞察


中国で広まったコロナウイルスへの初期の洞察

中国のAnyLogicパートナーは、COVID-19に関連する論文と翻訳の公開許可を取得しました。

本記事を今書いている間も、新コロナウイルスの正式名であるCOVID-19の蔓延を巡って多くの関心が集まっています。 この論文の執筆者は、エージェントベースのモデリングを使用して、新しいウイルスが集団全体にどれだけ速く拡散し得るかを研究しました。

ハウツービデオ:簡潔なプロセスフローチャートの作成


ハウツービデオ:簡潔なプロセスフローチャートの作成

このビデオでは、プロセスフローチャートをシンプルかつ明確に作成する方法を示します。

ビデオに従って、カスタムブロックの作成方法を学びます。 これらは、モデルロジックの明確化に役立つだけでなく、モデリングプロセスの高速化にも役立ちます。

こビデオには日本語の字幕があります。

マテリアルハンドリング、歩行者モデリング及びGISを使ったAnyLogicシミュレーションワークショップin JAPAN


マテリアルハンドリング、歩行者モデリング及びGISを使ったAnyLogicシミュレーションワークショップin JAPAN

2019年10月3日、4日に神奈川県川崎市で開催された本イベントでは、大変多くのお客様にご参加いただき、日本の産業及び学術におけるシミュレーションモデリングの重要性とさらなる発展を実証しました。

テックサポートマネジメント有限会社主催の本イベントでは、AnyLogicのマルチメソッドシミュレーションモデリングアプローチ例として、エージェントベース及びディスクリートイベントを用いたマテリアルハンドリング、歩行者シミュレーション、およびGISを使用したモデルに焦点を当て。