ブログ

AnyLogicとMicrosoft Project Bonsaiによる深層強化学習


AnyLogicとMicrosoft Project Bonsaiによる深層強化学習

Microsoft Project Bonsaiを使用すると、AIのバックグラウンドがない専門家でも、専門知識を活用してAIエージェントを指導し、実際のビジネス上の問題を解決できます。 Project BonsaiとAnyLogicシミュレーションを使用するための主要な概念とワークフローを紹介する、ウェビナーと付随するリソース情報を以下に示します。

このウェビナーは、AnyLogicとMicrosoftが提携して 、ビジネスアプリケーションに深層強化学習と機械教育をもたらす内容となっています。Microsoft Project Bonsaiチームの主任プログラムマネージャーであるDavid CoeとAnyLogic AIプログラムリーダーのArash Mahdaviが、シミュレーションを使用してAIをトレーニングし、シミュレーションでAI制御を実装するためのエンドツーエンドのワークフローを実証します。

COVID-19(新型コロナウイルス)とシミュレーション


COVID-19(新型コロナウイルス)とシミュレーション

COVID-19パンデミックの未知世界を洞察するための方法の1つは、シミュレーションモデリングを使用することです。AnyLogic Cloudでは、アップロードされているパブリックモデルの例を見ることができ、これらのモデルは、ビジネスや様々な研究分野の参考になります。

モデルを見て、お試しください!

ソーラーパネル生産:マテリアルハンドリングライブラリの使用方法(パート3)


ソーラーパネル生産:マテリアルハンドリングライブラリの使用方法(パート3)

マテリアルハンドリングライブラリはAnyLogicの主要な部分であり、この「ハウツー」はライブラリの使用方法を説明します。 これはシリーズの3番目です。最初の2シリーズは、ライブラリの基本的な機能説明、およびコンベアと輸送車(AGV)のモデリング方法でした。

ソーラーパネル生産ラインモデルを使用して、Station要素の使用方法を学習します。

Webベースのシミュレーションモデルを作成する方法


Webベースのシミュレーションモデルを作成する方法

多くのAnyLogic ユーザーはAnyLogicクラウドとそのインターフェースに精通していますが、独自のインターフェースを作成できることをご存知ですか?AnyLogic Cloud APIを使用することで、カスタムWebベースのユーザーインターフェイス(UI)を作成できます。

ここでは、その詳細を詳しく見ていき、設定の例を提供します。

クレーン:マテリアルハンドリングライブラリの使用方法(パート4)


クレーン:マテリアルハンドリングライブラリの使用方法(パート4)

AnyLogic8.4のアップデートには、いくつかの重要なアップデートが含まれています。その一つは、マテリアルハンドリングライブラリ関連です。新しいスペースマークアップCraneが追加されました。

ここでは、サンプルモデルのMoveByCraneとJib Cranes at Press Shopを使用して、新しい部品の使用方法を説明します。Let's go!

中国で広まったコロナウイルスへの初期の洞察


中国で広まったコロナウイルスへの初期の洞察

中国のAnyLogicパートナーは、COVID-19に関連する論文と翻訳の公開許可を取得しました。

本記事を今書いている間も、新コロナウイルスの正式名であるCOVID-19の蔓延を巡って多くの関心が集まっています。 この論文の執筆者は、エージェントベースのモデリングを使用して、新しいウイルスが集団全体にどれだけ速く拡散し得るかを研究しました。