ブログ

アーバニズム:AnyLogicが優れた都市の構築にどのように役立つか


アーバニズム:AnyLogicが優れた都市の構築にどのように役立つか

物理モデルまたは図面で提示される都市設計プロジェクトは、通常、見栄えがよく詳細に見えますが、予期しない問題が発生する可能性があります。そのようなモデルが実際のレイアウトと一致していても、設計に影響を与える可能性のあるいくつかの動的要因(ダイナミクス)は省略されています。シミュレーションを使用するとで、都市の動的要因を、時間の経過とともに把握できます。

外部データベースからのデータのインポート — ステップバイステップガイド


外部データベースからのデータのインポート — ステップバイステップガイド

シミュレーションモデルがデータに基づいて動作する場合があります。そのような場合は、外部データベースと接続して、効率的にデータをインポートします。MS Excel / MS Access / MS SQL Serverからのデータは、数回クリックするだけでインポートできますが、MySQLまたはPostgreSQLに保存されている場合はどうなるのでしょうか?

ガイドに従って、PostgreSQLのデータをAnyLogicモデルに接続してスケジュールを作成する方法を学びましょう。

AnyLogicのランダム性:どのように機能し、どのように使用するか


AnyLogicのランダム性:どのように機能し、どのように使用するか

不確実性は私たちの日常生活の本質的な部分です。また、シミュレーションモデルを作成するときは、現実の世界を可能な限り反映させたいと考えています。そのためには、シミュレーションにランダム性を含める必要があります。

AnyLogicモデルでランダム性を設定し、ランダムな結果を生成する方法とAnyLogicにある確率分布とは何かを学びます。

ONNXヘルパーライブラリを使用して、トレーニング済みのMLモデルへの接続を合理化する


ONNXヘルパーライブラリを使用して、トレーニング済みのMLモデルへの接続を合理化する

トレーニング済みの機械学習(ML)モデルをシミュレーションモデルに組み込むことが望ましい場合が多くあります。新しいAnyLogicライブラリで、ONNX MLモデルの使用がより簡単かつ効率的になりました。

このアドオンライブラリをAnyLogic環境に組み込むことにより、他の組み込みライブラリと同じように、モデルがその機能にアクセスできるようになります。モデルにヘルパーオブジェクトを追加して構成するだけで使用できます。詳細については、以下をお読みください。

良いものから優れたものへ:AnyLogicモデリングのマスタークラス


良いものから優れたものへ:AnyLogicモデリングのマスタークラス

良いAnyLogicシミュレーションモデラーから優れたシミュレーションモデラーへの移行方法は、Dr. Benjamin Schumannによるマスタークラスワークショップの焦点でした。AnyLogicのグローバル会議で紹介され、現在オンラインで共有されているこのワークショップは、高度なシミュレーションモデリングをレベルアップして実践する方法についての最新ガイドです。