自動車メーカーがビジネスプロセスシミュレーションツールを使用して企業の回復力とイノベーションを改善

問題

米国を拠点とする多国籍自動車メーカーはビジネスの変化に直面し、会社の戦略とビジネスモデルを変更することを検討していました。企業の回復力とイノベーションのギャップは、リスクに成長する可能性があります。統計によると、企業は40年前よりも6倍も倒産する可能性が高くなっています。

今日、自動車の所有モデルは徐々にサービスに置き換えられつつあります。これを考慮して、同社は製造業ではなく、モビリティ会社であると宣言しました。

大規模な変更を経て、同社はより回復力と革新性を高め、それによりリスクを減らし、収入を増やしたいと考えていました。 彼らは、これらの目標を達成するための中心的要素は専門家との効果的な協力であると信じていました。同社は、アイデアのシームレスな流れと、思考および意思決定プロセスへの参加を確保するための効果的なネットワーキングを促進する方法を模索し始めました。このプロジェクトを進めるにあたり、会社の分析チームが選ばれました。会社のインフラストラクチャからスマートモビリティソリューションまで、幅広いアプリケーションのアナリストとデータサイエンティストを取り入れました。

ソリューション

同社の専門家は、アダプティブサイクル理論を使用して、さまざまな分野での戦略に関して、会社がいく度となく経験する4つのフェーズがあることを説明しました。彼らは「アダプティブレジリエンス」という用語を使用して、社内の専門家のネットワークは柔軟で適応性が高くなければならないことを説明しました。専門家は、チームは異なるが補完的なワークスタイルも持つべきだと主張しました。

アダプティブサイクル

アダプティブサイクル:ワークスタイルと社内のネットワークタイプ(クリックして拡大)

このような回復力のある多様なチームを構築するために、同社はミラーリングの概念に従いました。ビデオ録画を使用して自分のゲームを見るスポーツチームのように、グループのメンバーは、コミュニケーションとコラボレーションの観点からパフォーマンスを反映するのに役立つビジネスプロセスシミュレーションツールを必要としていました。

ビジネスプロセスモデルアーキテクチャ
ビジネスプロセスモデルアーキテクチャ(クリックして拡大)

まず、プロジェクトを担当するソーシャルスペシャリストが、従業員のネットワークとその機能に関するデータを収集しました。アンケートの助けを借りて、専門家は革新的なアイデア、専門知識、そしてプロジェクトに関して人々がどのようにつながっているかを学びました。2つ目の情報リソースは、従業員のメールボックスデータです。次に、ネットワーク分析ツールを適用し、従業員同士の関係を分析しました。

シミュレーションはAnyLogicマルチメソッドビジネスプロセスシミュレーションで開発されました。開発者は、エージェントベースのモデリングを使用して従業員のネットワークとシステムの動的モデリングを複製し、アダプティブサイクルを模倣しました。その結果、シミュレーションは、アダプティブサイクルの各フェーズで考えられるネットワークとコラボレーションを反映することができました。また、AnyLogicは、シミュレーション内のネットワーク分析のためにPythonをモデルに直接組み込むことが可能です。

AnyLogicで開発されたモデルは、スタンドアロンアプリケーションとしてエクスポートおよび配信でき、従業員がユーザーフレンドリーな対話型インターフェイスを使用してシミュレーションモデルを実行できます。これにより従業員は次のようなことが可能になります。

ビジネスプロセスシミュレーションツールを使用できるのは、従業員のみならず、専門家も使用可能です:

結果

AnyLogicビジネスプロセスシミュレーションソフトウェアにより、イノベーションと回復力のレベル向上を目指したソーシャルスペシャリストは、次の重要な結果をもたらしました。

実験台となったグループの従業員については、パフォーマンスを改善する最良の方法は、適切な環境を提供し、自分でイノベーションを開発することであるとされました。ビジネスプロセス分析ツールを使用して、同社は従業員にネットワーク、ネットワーク内での位置を分析し、デジタル実験を実行し、変更の可能性について独自の意思決定を行う機会を与えました。

従業員のミラーリングの最も効果的な方法を見つけるために、同社はさまざまな視覚的学習アプローチを試みました。それらはすべて従業員にネットワークに関する情報を提供しましたが、ビジネスプロセスシミュレーションのみが実験の機会を与えました。これまでのところ、シミュレーションが最も効果的なツールであることが証明されました。シミュレーションにアクセスした後、従業員はコラボレーション動作を大幅に変更し、ネットワークの有効性と堅牢性が向上しました。

ビジネスプロセスシミュレーションは、専門家のコラボレーションの向上に関して、ソーシャルスペシャリストと従業員の両方にとって強力なツールであることが証明されました。プロジェクトを実験台のグループから会社全体に拡大する計画があります。したがって、コア要素が従業員とその相互作用であるビジネスプロセスシミュレーションモデルは、ビジネス会社にとってパフォーマンスを向上させるための効果的なツールとなる可能性があります。

同様のケーススタディ

その他のケーススタディ