クラウドシミュレーションアプローチによるモスクワ地下鉄駅の計画案の評価

クラウドシミュレーションアプローチによるモスクワ地下鉄駅の計画案の評価

問題

モスクワの地下鉄は、年間乗客数がヨーロッパで最も多く、広大な地下鉄システム網有する、ロシアで最もダイナミックな交通機関です。 毎年新しい地下鉄駅が建設され、既存の地下鉄施設は改装されています。改装には、駅の待合室の改修、通路の増設、およびエスカレーターの新設等が含まれます。

地下鉄の改装計画時に、開発エンジニアは彼らの設計案が今の安全規制準拠し、かつ乗客に受け入れられることを念頭に開発に望みました。たとえば、1時間に30,000人の乗客が乗車するモスクワ最大の地下鉄駅の1つであるキエフスカヤ駅では、開発エンジニアは既存の待合室を拡大して乗客の流れを増やし、エスカレーターを交換し、アルバート-ポクロフスカヤ線との連絡通路にエスカレーターを新設することにしました。このプロジェクト設計の評価に、モスクワ地下鉄の担当者は、交通システム開発研究所(IDTS)と開発の契約を締結しました。

video

コンサルタントは、以下の目的で歩行者シミュレーションモデル開発しました。

そのために、コンサルタントはAnyLogicの歩行者モデリングソフトウェアを使用して地下鉄の駅のシミュレーションモデルを作成しました

ソリューション

初期段階で専門家たちは、キエフスカヤ駅到着する郊外電車の乗降客が地下鉄への乗換乗車までの乗客の流れを反映したベースラインシミュレーションモデルを開発しました。

可能な限り現実に近いモデルにし、乗客の行動を適切に反映させるため、歩行者モデルは現場調査で得た情報に基づいて調整されました。コンサルタントは、階段やエスカレーターなど上下する場所の群衆の行動に特に気を使いました。

地下鉄駅運営シミュレーション
現在の状況観察
地下鉄駅舎の再設計シミュレーション
建物の設計変更なしの場合
地下鉄駅舎の再設計シミュレーション
建物の再設計を選択した場合

コンサルタントはまた、改築、新設エスカレーターの試運転、および乗客が乗り降りするエスカレーターの動きをシミュレートしました。彼らは、エスカレーター3基がラッシュアワー時に同時に動作すると、エスカレーター降り場が乗客で混雑するため、出口フロアは予測する乗客の流れを処理できないだろうと述べました。

Congestion of passengers leaving the escalators

エスカレーターを降りる乗客の混雑度合

結果

開発されたモデルには、さらにパラメータを変更できるユーザインターフェースモジュールがあり、変更可能なパラメータは以下のとおりです。

その結果、コンサルタントは、通常モードと改装期間中の両方で、駅構内の編成の解決策を提供し、地下鉄駅からキエフスカヤ駅につながる5番目のエスカレーターのオペレーションモードに関する推奨案を供給しました。

同様のケーススタディ

その他のケーススタディ