AnyLogicはエッフェル塔の観光客を解析します

AnyLogicはエッフェル塔の観光客を解析します

パリで最もポピュラーな観光地 エッフェル塔の観光客を効率的に管理するため、事業会社(SETE)は、AnyLogicシミュレーション・ソフトウェアを使用しました。

設計されたモデルは観光客の到着やオープンスペースでの行動をシミュレートします。プログラムはエレベータの規則性やキャパシティーを考慮に入れ、エレベータ前の行列を予測しました。待行列や混雑の問題点は、タワーの最上階にありました。

Tour eiffel model

エッフェル塔の観光客それぞれの行動を実際にシミュレートするため、エージェント・ベース・シミュレーション・モデリングを使用しました。プロジェクトメンバーによると、2010年には670万人の観光客がエッフェル塔を訪れました。一日最大27,000のエージェント(観光客)の動きを取り扱っています。観光客移動のタワー・モデルはフランスのEMSYSSコンサルティング会社によって作成されました。AnyLogicヨーロッパもまた、プロジェクトに参加しました。

AnyLogic社 事業開発部長のTimophey Popkovは、プロジェクト完了までに30日程かかり、「タワー・モデル作成のために、観光客の行動を写真やビデオで撮り、タワーの3階、4階を改造するプロジェクトを研究した」と述べました。様々な実験の結果、エンジニアは新しい設計が群衆管理の問題を解決せず投資に見合う結果を得られないだろうと理解しました。「モデルは、新しい設計が観光客の混雑問題を解決しないと推定した」とPopkovが言いました。最後に、私たちは、既存の観光客の旅程を最適化するためにモデルで実験しました。

同様のケーススタディ

その他のケーススタディ